« どれにしようかな? 続・唱えうた | トップページ | 戦争を伝える本1 『夕凪の街 桜の国』 »

2006年8月 3日 (木)

『はちみつ』

今日8月3日は「はちみつの日」なんだそうです。で、思い出したのがこの絵本です。

はちみつ (かがくのとも特製版)

  ふじわら ゆみこ 文  いせ ひでこ 絵

   税込価格 : \880 (本体 : \838)
   出版 : 福音館書店
   サイズ : B5判 / 27p
   発行年月 :
2000.4

画像はUsed Books CARROTのサイト(表紙 中身)でご覧になれます。

女の子が養蜂家のお父さんの仕事を見学しながら、はちみつがどのように出来るのかを学ぶ様子を描いた絵本です。花の蜜がどうやってとろーりとした蜂蜜になるのかなど、大人も勉強になります。

いせひでこさんの絵がとても素敵です。柔らかな雰囲気の絵で一見、科学の絵本には、不似合いなようなのですが、確かな観察力、確かな描写力で描かれていて、やっぱりさすがだなあと思います。この絵を原画で見てみたいものです・・・。

残念ながら現在販売されていないようです。図書館などで探してみてくださいね。

(この絵本、我が家にあるのは、「かがくのとも」として出版されたものをブック○フで100円で手に入れたものですが、↑で画像の紹介のためリンクさせていただいたネットの古本屋さんだと、なんと1400円! お値打ちもののようです。 我が家にある「かがくのとも」類も買うとなったら、かなりの金額になりそうです・・・。 大切にしようっと。。。)

★人気blogランキングに参加しています。ランキング、少しずつ回復してきました。引き続き応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« どれにしようかな? 続・唱えうた | トップページ | 戦争を伝える本1 『夕凪の街 桜の国』 »

絵本」カテゴリの記事

・科学の本」カテゴリの記事

・食べ物が出てくる絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『はちみつ』:

« どれにしようかな? 続・唱えうた | トップページ | 戦争を伝える本1 『夕凪の街 桜の国』 »