« 絵本作家サイトのリンク集など | トップページ | 今夜の「視点」でA・ビナード氏に会える »

2006年6月21日 (水)

来週放送「夢のつづき わたしの絵本」

紹介したい絵本はいろいろあるのだけれど、ブログを更新できないまま日がたってしまいました(^^ゞ

来週27日にNHK-BS2で「夢のつづき、わたしの絵本」の3回目が放送されるそうなので、タイミングをはずさないうちにお知らせしておきます。今回取り上げられるのは、

ずーっと ずっと だいすきだよ Book ずーっと ずっと だいすきだよ

著者:ハンス ウィルヘルム
販売元:評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

だそうです。1年生の国語の教科書に載っていた(今もかな?)ので、ご存知の方も多いはずです。主人公の少年が見つめる愛犬エルフィーの老いと死にまつわる物語です。うちの息子たちも大好きな絵本でした。でも、絵本では「エルフィー」なのに、教科書では「エルフ」なので、ちょっと違和感があったようですが・・・。

今回登場されるのは、中井貴恵さん。お嬢さんの国語の教科書でこの作品を知ったということですが、どんな風にこの絵本について語られるのでしょうか? 興味がある方はぜひご覧くださいね。

夢のつづき わたしの絵本
 中井貴惠 「ずーっとずっとだいすきだよ」
6月27日(火)BS2 午後11・30~午前0・00
6月30日(金)デジタル衛星ハイビジョン・午後6・00~6・30

番組の宣伝ページはこちら

★人気blogランキングに参加しています。このブログが何かのご参考になったら、ぜひ応援クリックお願いします→。人気blogランキング

|

« 絵本作家サイトのリンク集など | トップページ | 今夜の「視点」でA・ビナード氏に会える »

映画・テレビ」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

絵本関連情報」カテゴリの記事

童話館ぶっくくらぶ配本」カテゴリの記事

コメント

めーべるさん、こんにちは。

「ずーっと・・・・」は、優しいお話ですよね。
私も、息子の教科書で出会ったのが初めてでした。

ご案内、載せていただきありがとうございます。今、予約しておきました。
あとで、見るのが楽しみです。(*^_^*)

投稿: ぴんくのこぶた | 2006年6月22日 (木) 16時56分

ぴんくのこぶたさん、こんばんは。

心に響く絵本ですね。
繰り返し読んでいるうちに、子供にも作者が描きたかったことが自然に伝わっていくと思います。

(教科書は文字がいっぱいで、余白がなくて、何かが違うような・・・。
空白の部分も意味があって作者がそうしていると思うので、学校の先生には授業の中で絵本も読んでほしいなと思います。)

早速録画予約されたんですね(^。^)
うちはいまだにビデオ録画なので、今から予約はできません。忘れないようにしないとね^_^;

投稿: めーべる | 2006年6月22日 (木) 20時50分

はじめまして。
ブログランキングから訪問しました。
番組情報ありがとうございます。
ぜひ見てみたいと思います。
すごくやくにたつ内容のブログで拝見して嬉しくおもっています。リンクさせていただきたいのでよろしくお願いします。

投稿: まつりか | 2006年6月23日 (金) 01時39分

まつりかさん、はじめまして&ようこそ!
嬉しいコメントありがとうございます。
ブログを書く励みになります\(^o^)/

まつりかさんのブログもチラッと拝見しました。
絵本作家の講演の内容なども書かれてあり、興味深いです。今度ゆっくり読ませていただきます。
こちらからもリンクさせていただきますね。
よろしくお願いします。

投稿: めーべる | 2006年6月23日 (金) 22時53分

こんにちは。

久しぶりです。

人が死ぬという現実的なシーンが子供の周りから各位されています。

せめて、本の中で、人が死ぬこと、その人が残してくれたもの、などに思いをはせるものがあってもいいですよね。

応援していきます。

投稿: タツ | 2006年6月25日 (日) 22時16分

タツさん、こんにちは。
応援クリックありがとうございます!

大人にとっても身近な人の死に接することはめったにないですものね。
絵本のよいところは繰り返し読めるところかな。
一度では伝わらなかったことも、繰り返し読んでいるうちに、少しずつ感じ取れることもあるかと思うのです。
できれば身近な大人に(子供が安心を感じられる場で)読んでもらってほしい絵本です。

投稿: めーべる | 2006年6月26日 (月) 11時25分

めーべるさん、こんばんは~
久々のボチッです(^^;)ゞ

何年か前に、絵本店で、教科書に掲載された絵本特集の展示会がありました。
教科書も展示していて、絵本との違いを比べていました。
そこの店主が、絵本は教科書に載せると、このエルフィーのように名前が変わったり、文章が割愛されたり、絵が全く活かされない欠点をあげていました。
子どもたちには、実際の絵本を使って学ばせて欲しいと…
それでも、教科書で出会ってから実際の絵本を読む子もいるのでは…とも思います。

「チキチキ…」、「大きなカエル…」ようやく予約して図書館から借りてこれました。
面白かったですよ~♪
めーべるさんのお薦めの絵本は、アルバイト先の塾の読書タイムで、子どもたちに読んでもらっています。
いつも評判が良いですよ(^_^)v

投稿: はっぴぃマザー | 2006年7月 2日 (日) 01時40分

はっぴぃマザーさん、こんにちは。
応援クリックありがとうございます!!

教科書に絵本の内容を載せると、余白がない状態なので、絵が同じでもずいぶん印象が違いますよね。
作者は絵も文字の入れ方もすべて考えて絵本にしていて、何も描いてない白い部分も意味があるはずなのですが・・・。
せめて先生が授業で本物の絵本を読んでやってくれればいいのにと思いますが、息子たちの授業ではそのようなことはなかったのではと思います。
子供が自分で図書室で絵本を探すのはなかなか大変なことのようなので、司書なり先生なりがうまくきっかけを作ってくださればいいのになあといつも思っています。

この番組の中でも絵本が映されたのですが、絵の部分だけズームで映されるとまた印象が違いました。
絵本をテレビで紹介するというのも、またちょっと「罪」なことなのかもしれません・・・。

紹介した絵本をいつも探して読んでくださって嬉しいです。
子供たちも喜んでくれたのなら、なおさら\(^o^)/です。

投稿: めーべる | 2006年7月 2日 (日) 15時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来週放送「夢のつづき わたしの絵本」:

« 絵本作家サイトのリンク集など | トップページ | 今夜の「視点」でA・ビナード氏に会える »