« 『この本読んで!』 絵本関連雑誌紹介2 | トップページ | 歯の絵本いろいろ »

2006年6月 4日 (日)

『歯いしゃのチュー先生』

今週は歯の衛生週間。この時期、おはなし会などで「歯」にまつわる絵本を読まれる方も多いのではないかと思います。わたしのおすすめはこの絵本です。

Book 歯いしゃのチュー先生

著者:ウィリアム スタイグ
販売元:評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  表紙の画像はbk1でご覧になれます。

ネズミの、歯医者のチュー先生は、評判の腕利き。ウマやウシなど大きな患者さんは、先生が患者さんの口に入って治療します。ただし、ネコやその他危険な動物の治療はしません。が、ある日、虫歯が痛く治療を懇願するキツネの歯の治療を、チュー先生は引き受けてしまい、先生にピンチが訪れます。でも、先生と奥さんで力を合わせ、知恵で危機を脱出。先生を食べようとしたキツネをギャフンといわせつつ、治療も完了、お見事です。さて、その方法とは・・・?

大きな患者さんの口の中に入る方法が、梯子に上ったり、奥さんの手助けによる宙吊りだったり、絵がとても楽しいです。自分の身の危険を感じながらも、一度引き受けたら歯医者としての職務を全うする姿勢も立派です。チュー先生がどうやって、キツネに食べられることを避けることができるのか、ハラハラドキドキ。子どもがとても楽しめる絵本だと思います。読み聞かせ時間、約8分。6歳くらいから楽しめると思います。息子二人も大好きな絵本でした。

ウィリアム・スタイグの作品は、温かくて面白いです。すべてを読んだわけではないですが、たぶん、どれも「当たり」です。ご存じない方はぜひ、スタイグの絵本を探してみてください。

★人気blogランキングに参加しています。このブログが何かのご参考になったら、ぜひ応援クリックお願いします→。人気blogランキング

|

« 『この本読んで!』 絵本関連雑誌紹介2 | トップページ | 歯の絵本いろいろ »

・お気に入り絵本」カテゴリの記事

・6月向け絵本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

童話館ぶっくくらぶ配本」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

読み聞かせ(おはなし会)」カテゴリの記事

コメント

お話会、近所の図書館でもよくやっているようです。

うちは、寝る前のお父さんお話会です。

読む本がなくなることがありますが、そこは適当です(笑)

応援していきますね。

投稿: タツ | 2006年6月 4日 (日) 21時37分

タツさん、こんばんは。
おはなし会をやっていない図書館は、まずないでしょうね。
でも、基本は家庭での絵本の読み聞かせです。
寝る前のお父さんのお話会、最高です♪
子供が小さい時に親子で絵本の世界を共有しておくこと、子供が成長していく過程でとても大事なことのように思います。

投稿: めーべる | 2006年6月 4日 (日) 23時37分

おはようございます^^
この絵本は、とっても面白いしママたちの間でも人気ですね♪
娘が入学したその日、教室で担任の先生が
読み聞かせしてくださったのを覚えています。
スタイグの絵本、私ももっともっと読んでみたいです!

投稿: 新歌 | 2006年6月 6日 (火) 09時56分

新歌さん、こんばんは。
新歌さんもこの絵本お好きなんですね(^^)
担任の先生が絵本を読んでくださるなんて、なんて素敵なことでしょう。入学式の素敵な思い出が、絵本を見るたびに蘇りますね。
スタイグの絵本でお薦めのものあったら、また教えてくださいね。

投稿: めーべる | 2006年6月 6日 (火) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/2067670

この記事へのトラックバック一覧です: 『歯いしゃのチュー先生』:

« 『この本読んで!』 絵本関連雑誌紹介2 | トップページ | 歯の絵本いろいろ »