« 『まいごになったぞう』 寺村輝夫氏の作品から | トップページ | 『歯いしゃのチュー先生』 »

2006年6月 2日 (金)

『この本読んで!』 絵本関連雑誌紹介2

出版文化産業振興財団(JPIC)発行の『この本読んで!』という雑誌をご存知でしょうか? 年4回発行の季刊誌で、雑誌のサブタイトルは「わくわく”読み聞かせ”マガジン」となっています。


JPICのサイトでは、”全国のお母さん・お父さん、幼稚園・保育園、学校、図書館、読書サークルの方々から「読みきかせ」「絵本」に関する質問をよくいただきます。そこで、全国各地の読みきかせ・絵本大好きな方々のネットワーク・交流を図るため、わくわく"読みきかせ"マガジン『この本読んで!』を創刊しています。”と紹介されています(創刊は2001年11月)。5月発売となった最新号2006年夏号は創刊19冊目になるはずです。


一般の書店では売られていないようで、手に入れるにはJPICから定期購読する形になる(またはバックナンバー取り寄せ)かと思います。わたしは図書館で時々借りて読んでいます。(図書館で借りると最新号は貸し出してもらえないので、借りられる時には季節がずれているのが難点です・・・。)


今まで読んだ中では、どれも特集が充実していて(例えば”赤羽末吉の世界”とか)、とても勉強になりました。絵本作家訪問や児童書専門店訪問は興味深く、新刊の紹介、おはなし会(乳幼児から高齢者までそれぞれ)のお勧めプログラムもなかなか参考になります。特集の内容などは『この本読んで!』のサイト(1行目にリンク張ってあります)でご覧になれます。


今手元にある2005年冬号では、「読み聞かせ、みんなはどうしてる?」という特集記事があり(アンケート集計)、なかなか興味深かったです。悩みはいずこも同じというか・・・。「おはなし会を行う上で最大の悩みは何ですか?」での問いに、「本選びの基準のばらつき。”エッ?”と思うような本を選ぶ人がいても何もいえない」との回答があり、大きく頷いてしまいました。


本の読み方など技術的なことはまだアドバイスしやすいのですが、その人が選んだ本を否定することは、その人そのものを否定するような感じに取られてしまうところがあるので、なかなか言いにくいものです・・・。勉強会や講習会を通じて、本選びの基準を勉強していってくれればいいとも思うのですが、こういう「”エッ?”と思うような本を選ぶ人」、一番勉強してほしい人は、こういう講習会にはまず来ません・・・(-_-;) 本当は、本の選び方などについてもざっくばらんに話できる間柄になることが理想ですが、PTAの活動などとしてやっている場合、取り組み方の姿勢も様々なので難しいというのが、現実・・・。



おはなし会での読み聞かせをしていく上で一番難しいのは、やはり本の選び方でしょう。自分の子供になら、また明日もその次の日も読むことができるけど、そのお子さんへは、たった一度きりとなるかもしれないのですから・・・。大人の代表として読むのにふさわしい絵本を選んで読むべきだと、以前講習会で習いました。でも、またそういう講習会でふさわしいとする絵本にも講師の方により「流派」があるようで、なかなか難しいものです。


いずれにせよ、おはなし会などで読み聞かせされている方は、やはり常にいろんな絵本を読んだり、情報を仕入れたり、絵本や児童書の世界で活躍されている方の著作を読んだりして、よい絵本を見る目を養っておく必要があるかと思います。この雑誌もきっと参考になると思いますよ。ぜひ一度ご覧になってみてください。


★人気blogランキングに参加しています。このブログが何かのご参考になったら、ぜひ応援クリックお願いします→。人気blogランキング

|

« 『まいごになったぞう』 寺村輝夫氏の作品から | トップページ | 『歯いしゃのチュー先生』 »

子供」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

絵本関連情報」カテゴリの記事

読み聞かせ(おはなし会)」カテゴリの記事

コメント

図書館においているので、時々読んでいます^^
その読み聞かせのアンケート、面白そうですねぇ。
勉強になりそうです。
私も幼稚園、小学校で読み聞かせをさせていただいているので
色々と情報は仕入れたいところです。
今のところ一番の情報源は皆さんのブログですが^^

投稿: 新歌 | 2006年6月 2日 (金) 20時50分

新歌さん、こんばんは。
他の読み聞かせのグループがどのような活動をしているかなどは、なかなか知る機会がないですよね。
ぜひ参考になさってください。

今はブログが盛んになって、いろんな方のおすすめ絵本や情報を知ることができるようになって、いいですよね~。わたしが読み聞かせを始めたころなんてほんとに限られた情報しか取れなかったですもの(>_<)

そうそう、JPIC読書アドバイザーの方のブログも紹介されていました。今チラッと見ただけなのですが、とても勉強になりそうです。
http://blog.livedoor.jp/penguin3824/

投稿: めーべる | 2006年6月 2日 (金) 21時38分

永年、読み聞かせをやって来ましたが、エッと思うような絵本も選んできたのかもしれません(^^;)ゞ

文学センターに通い出したのは4年前だし、12年前は、そういった講習会はあまりやっていなかったかな?
当時、こういったネットの世界があれば、良い絵本を読み聞かせすることが出来たのかもしれない…

でも、今からでも遅くないですね。
めーべるさんに出逢えたことに感謝です(*^_^*)

投稿: はっぴぃマザー | 2006年6月 6日 (火) 00時07分

はっぴぃマザーさん、こんばんは。
今はネットでいろんな情報が取れるし、いろんな講習会もやっているので、その気になればいろいろ勉強できるようになりましたね。
それだけに、本選びの基準のばらつきはひどくなっているのかもしれません・・・。

はっぴぃマザーさんはいろいろ勉強されているので、全然問題ないと思います。
なんて、偉そうに言えるほど本に詳しいわけではないです(^^ゞ
こういうブログを通じてお互いいろいろ情報交換していけるといいなと思っています。

投稿: めーべる | 2006年6月 6日 (火) 20時51分

創刊号から読んでいますが、私は作家さんのインタビューが好きですね。
けっこう素でお話されている方もいらっしゃるので。
裏話も面白いですし(笑)。

ラッピングも参考にしています。

最新号から始まった「家庭文庫・地域文庫」の特集も楽しみです。

園児たちの「この本だいすき」のコーナーがなくなったのは残念。
ここで最近の子どもたちの好きな本系統を参考にしていたのに(笑)。

投稿: ひととき | 2006年6月 8日 (木) 09時38分

ひとときさん、こんにちは。
定期購読されているんですね(^。^)
作家へのインタビューはこの雑誌に限らず、とても興味があります。なんとなくお人柄がわかると敬遠したいた本も読んでみたくなったりして。作家さんとの距離が近づいたように感じます。

>最新号から始まった「家庭文庫・地域文庫」の特集も楽しみです。

最新号まだ読んでないんです、図書館でみてみます。

>園児たちの「この本だいすき」のコーナーがなくなったのは残念。

他の雑誌ではこういうコーナー、なかったですものね。なぜなくなっちゃったんでしょうね? 残念。

投稿: めーべる | 2006年6月 8日 (木) 11時54分

JPIC読書アドバイザーの児玉ひろ美です。「この本読んで!」&私のブログご紹介いただいてありがとうございます。とても嬉しかったのでついコメントさせていただきました

投稿: 児玉ひろ美 | 2006年6月26日 (月) 22時37分

児玉ひろ美さん、はじめまして&ようこそ! 
ご本人様からコメントをいただき感激です(*^。^*)

私自身は今読み聞かせは休業中^_^;なのですが、
皆さんの絵本選びの参考になればと思い、紹介させていただきました。
ブログもリンクさせていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

投稿: めーべる | 2006年6月26日 (月) 23時34分

なんだか嬉しくなっちゃいます。嬉しさって、水面の波紋のように同心円が大きくなりながら広がるのでしょうね。これからもちょくちょくお邪魔させていただきます。

投稿: 児玉ひろ美 | 2006年6月29日 (木) 02時37分

児玉さん、こんにちは。
嬉しいコメントありがとうございます。
司書資格は大学で取得したのですが、絵本を読む楽しさは子供を育てながら初めて味わいました。
子供と本との橋渡しが仕事になればいいなあと思いつつ、現実はなかなか難しいので、おすすめの絵本などブログを通じて少しずつ発信していければと、ぼちぼち書いております。

ところで、『みずたまレンズ』という科学絵本でわたしはすっかり滴の写真を撮ることに、はまってしまいました。大人でも絵本で世界が広がるんですよね~。
もうひとつのブログ「空、ええやん。」に載せているので、よかったらご覧ください。
http://maybelle.cocolog-nifty.com/sora/
「水玉」というカテゴリーがあります。

投稿: めーべる | 2006年6月29日 (木) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/2038840

この記事へのトラックバック一覧です: 『この本読んで!』 絵本関連雑誌紹介2:

« 『まいごになったぞう』 寺村輝夫氏の作品から | トップページ | 『歯いしゃのチュー先生』 »