« 季刊『みづゑ』 絵本関連雑誌紹介1 | トップページ | 昨夜放送「わたしの絵本」で紹介されたカロリーヌ・シリーズ »

2006年5月22日 (月)

『おとなしいめんどり』 男女共同参画がテーマの昔話

そろそろ麦の収穫シーズンでしょうか・・・? ちょっと早いのかもしれませんが・・・、麦の収穫にまつわる楽しいイギリスの昔話を紹介します。

Book おとなしい めんどり

著者:ポール ガルドン
販売元:童話館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ★国内のサイトでは表紙の画像が見つけられませんでした。表紙その他のページの画像はAmazon.com(英語)で原書のものをご覧になれます。

昔々、猫と犬とねずみとおとなしい赤いめんどりが小さな家に住んでいた。でも、家事をするのはいつもおとなしい赤いめんどり。ある日、めんどりが雑草を抜いていると小麦の種が見つかった。めんどりは「誰かこのこ小麦をまいてくれる?」と叫んでみたけど、猫、犬、ねずみは、それぞれ「いやだね」「いやだよ」「いやだな」と手伝う気はまるでない。小麦の刈り取りも、粉屋に粉にひいてもらうのも、お菓子を焼くのも猫たちの協力は得られず(昔話の定番の繰り返し場面)、めんどりが仕方なく一人で行った。ところが、お菓子にいい匂いが家に漂い始めると、猫たちは台所へ。でも、めんどりは、今まで自分ひとりで小麦の世話をし、自分ひとりでお菓子を焼いたのだから、「わたし一人で、お菓子を食べます」と宣言し、ひとかけらも余さず食べてしまい、その日からめんどりは手伝い手に不自由しなくなった・・・。

(昔話なので、各地に似たようなお話があるようです。ウクライナ民話が『小さい白いにわとり』として、小学校1年の国語の教科書(光村図書)に昭和34年から51年まで載っていたということなので、どこかで聞いたことがあるように思える方も多いかも?)

ポール・ガルドンの絵は、リアルなんだけど、でも、動物が人間のような表情をしていてもごく自然に感じられます。絵のうまさでしょうか。昔話っていろんな方が描いていて当たり外れもあるように思いますが、ポール・ガルドンの昔話はほぼ間違いなく「当たり」だと聞いています。

この絵本も、絵も表情豊かだし、花や虫等細かい部分まで丁寧に描かれていて、隅々まで楽しめます。お話のテンポもとてもよくて、声に出して読むと、声に出して読むことの心地よさが味わえます(さすがは谷川俊太郎さんの翻訳です)。

ところで、この昔話、「働かざるもの食うべからず」の話だとずっと思っていましたが(最後のページでの猫たちのちょっと情けなさそうな顔で掃除している姿が笑えます)、それだけにあらず。猫たちの性別をあまり意識したことはなかったのですが、「いやだね」「いやだよ」「いやだな」の口調からやはりオスですね。(英語なら”he”になっていてわかりやすいのでしょうか??) 家事はオンナがするべきなんておかしいというテーマでもあったんですね。届いたばかりの童話館ぶっくくらぶ通信にこのことが触れられていて、”男女共同参画”が昔話に語られていたとは・・・と認識してちょっとビックリしています・・・。

我が家では息子たちが大好きな絵本で、繰り返し読みました。知らず知らずのうちに、家事は男女に関わらす協力してやるべきという概念が刷り込めていたのかも。いつも率先して家事を手伝ってくれるわけではないけれど、それなりに有力な助っ人に育っています(笑)。

この絵本は、一辺約20センチと小さくて、家庭で子供に読み聞かせるにも、子供との外出で持ち歩くにも適したサイズです。でも、おはなし会で使うには、ちょっと小さくて遠目が効かないところが残念です。

絵の美しさ、うまさ、話の面白さ、わかりやすさ、言葉の響きのよさ、そして適度な長さ(約5分)など、おはなし会向きのとても質の高い絵本だと思うのですが・・・。昔話は生きる知恵がいっぱいです。ご家庭でも、そして小規模なおはなし会ででも、ぜひこの絵本を読んでみてください。

★人気blogランキングに参加しています。

ランキング下がってしまいました。応援クリックよろしくお願いします→。人気blogランキング

|

« 季刊『みづゑ』 絵本関連雑誌紹介1 | トップページ | 昨夜放送「わたしの絵本」で紹介されたカロリーヌ・シリーズ »

・昔話」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

童話館ぶっくくらぶ配本」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

読み聞かせ(おはなし会)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

『おとなしいめんどり』 

素敵な絵本ですね。

応援ランキングクリックしときました ポチッ

投稿: 国際結婚 diary | 2006年5月24日 (水) 07時34分

国際結婚diaryさん、はじめまして&ようこそ!

応援クリックありがとうございます。
素敵な絵本なんですけど、日本ではあまり知られていないみたいです。
もっと有名な絵本だと思っていたのですけれど・・・。
機会があったらぜひ読んでみてください。

投稿: めーべる | 2006年5月24日 (水) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/1894953

この記事へのトラックバック一覧です: 『おとなしいめんどり』 男女共同参画がテーマの昔話:

« 季刊『みづゑ』 絵本関連雑誌紹介1 | トップページ | 昨夜放送「わたしの絵本」で紹介されたカロリーヌ・シリーズ »