« 『ぞうくんのさんぽ』 | トップページ | 絵本展情報 「長新太展ナノヨ」他 »

2006年5月 3日 (水)

『ぞうくんのあめふりさんぽ』 作者サインも!

今日は前回ご紹介した『ぞうくんのさんぽ』のシリーズ第2弾のご紹介です。36年ぶりにこどものとも2004年4月号として散歩に出かけたぞうくんたちですが、5月20日に「こどものとも傑作集」として発行されるようです。2年前に「こどものとも」を買いそびれた方も、ようやくぞうくんたちに再会できますね(^^)

ぞうくんのあめふりさんぽ こどものとも傑作集

なかのひろたか 作・絵

税込価格 : \840 (本体 : \800)
出版 : 福音館書店
サイズ : B5変形 / 31p
ISBN : 4-8340-2207-2
発行年月 : 2006.5

画像は福音館書店のサイトでご覧になれます。

今日は雨降り。それでも、ぞうくんはご機嫌で散歩に出かけます。かばくんに出会い、池の中で散歩することに。池がどんどん深くなっていき泳げないぞうくんは、かばくんの背中に乗って散歩は続きます。やがて、わにくんに出会い、かめくんにも出会い・・・・。

『ぞうくんのさんぽ』と同じ様に、でもちょっと違って話が展開していきます。お話会で読んだ時、『ぞうくんのさんぽ』をよく知っている子も、知らない子も楽しいラストにニッコリでした。

作者なかのさんは、『ぞうくんのさんぽ』を描いたあとに、今度はぞうくんたちの乗る順番を逆にしたら面白いだろうと思ったそうですが、そのときはそれ以上進展せず。ある時ふと、ぞう、かば、わに、かめが水の中を泳ぐ生き物だと気づいて、『ぞうくんのあめふりさんぽ』が完成したそうです。

36年ぶりにシリーズの続きを描くということで、『ぞうくんのさんぽ』の雰囲気を再現するためご自身の原画を保管されている美術館に見に行ったりされたと聞いたように思います。(このあたりのこと、手元に資料がなく、講演で聞いたか何かで読んだかなのですが、記憶違いだったらごめんなさい。)『ぞうくんのさんぽ』で、文字を担当されたお兄さんが亡くなってしまっていたので、なかのさんがお兄さんの文字に似せて書かれたそうです。ご努力の甲斐あって、ふたつの作品に36年の歳月が流れているとは思えないです。

2002年にめったに講演会をされないなかのさんの講演を聴きに行ったのですが、2年後『ぞうくんのあめふりさんぽ』の原画展とともに、また講演を聞くチャンスに恵まれました。原画は細かい点々や線の美しさ、色の塗り方などに感動しました。お話の内容は前回と共通する内容が多かったと思うのですが、講演後自分でまとめておかなかったので、今となってはかなりあやふやで、ここには書けません(^^ゞ

Nakano0411s その代わりといってはなんですが、なかのさんのサインをご披露します。右下のかばは02年に『ぞうくんのさんぽ』にサインしていただいたもの。その時話しかけたせいか、かばの足の下の線が一本足りないままだったので、04年に描き足していただきました。わには04年に新しく購入した『ぞうくんのさんぽ』に描いていただいたもの、ぞうはこどものとも『ぞうくんのあめふりさんぽ』に描いていただきました。あと、かめが揃えば完璧ですよね(笑)。かめくんを描いていただく日は来るでしょうか???

*5月1日の記事『ぞうくんのさんぽ』に追記を加えました。ご覧になってください。

★人気blogランキングに参加しています。おかげさまで、このところ上位にランキングされています。引き続き、応援クリックよろしくお願いします→。人気blogランキング

|

« 『ぞうくんのさんぽ』 | トップページ | 絵本展情報 「長新太展ナノヨ」他 »

絵本」カテゴリの記事

絵本関連情報」カテゴリの記事

読み聞かせ(おはなし会)」カテゴリの記事

講演会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ぞうくんのあめふりさんぽ』 作者サインも!:

« 『ぞうくんのさんぽ』 | トップページ | 絵本展情報 「長新太展ナノヨ」他 »