« 今夜のNHKBS「迷宮美術館」は、いわさきちひろ美術館 | トップページ | 『みずたまレンズ』 »

2006年5月16日 (火)

著作権めぐり「読み聞かせ」に作家ら注文

13日の朝日新聞に”図書館や幼稚園などで活発になっている絵本の「読み聞かせ」や「お話会」について、作者や出版社の団体が、著作権者への許諾の要・不要を分類したガイドラインを作成した”という記事が掲載されていました。詳しい内容は、社団法人 日本書籍出版協会 のサイトで ”平成18年(2006年)5月12日 児童書四者懇談会作成 手引き 「お話会・読み聞かせ団体等による著作物の利用について」”をPDFファイルで読むことができますので、読み聞かせの活動などされている方はぜひ一度目を通しておかれることをお勧めします。

幼稚園などで読み聞かせの活動をしていると、ペープサートだの大型紙芝居だのエプロンシアターだのいろいろ作りたくなっちゃうんですよね^^; (わたし個人としては読み聞かせは絵本だけで十分だと思っています。コメント18に補足しました。)いろんなグループのいろんな「作品」を見たことがありますが、絵本に忠実なものからそうでないものまで出来具合は様々。こういうのを作るに当たって、出版社の許可が要るなどと思ったこともないグループがおそらく大半なのではないかと思います。今後は著作物許可申請書を出して、許諾されないとまずいということだと思います。

紙芝居などに改変するのに許可がいるのはわかるのですが、OHP(投影機)等を使って絵本を拡大するのにも許可が要るそうで、これはちょっとオドロキでした。大勢の子どもが集まる場で読むには、便利な道具だと思っていたのですが・・・(使ったことはありませんけど)。

また、ホームページなどに本の表紙を掲載する場合にも出版元に確認が必要とのコト。(わたしの場合はそのあたりの手間を省くためにアフィリに参加しています。お小遣いが稼げるとは思っていません^_^;) 表紙以外の本文画を掲載には当然許可が要ります。その辺を意識している人とそうでない人の差は、ブログなどを見ていて常々感じていることでした・・・。

ブログ等を持っていらっしゃる方、読み聞かせボランティアなどされている方、上記の手引き一度ご覧になって参考にしてください。(私の記事の内容が間違っていても責任は負えませんので、ご自分で確認なさってくださいね。)

それにしても、著作権はいろいろとややこしいですね・・・。

★人気blogランキングに参加しています。おかげさまで、このところ上位にランキングされています。引き続き、応援クリックよろしくお願いします→。人気blogランキング

|

« 今夜のNHKBS「迷宮美術館」は、いわさきちひろ美術館 | トップページ | 『みずたまレンズ』 »

ニュース」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

絵本関連情報」カテゴリの記事

読み聞かせ(おはなし会)」カテゴリの記事

コメント

とても参考になりました。
実は、先日から小学校での読み聞かせサポーターに参加したのですが、我が娘の通う小学校では、グループ全員で読み聞かせをするらしいのです。
んで、これからはパネルシアター的なことも取り入れていくようなので、このことを一応説明しておきます。
本当にいい情報をありがとうございましたぁ。

投稿: 京女。 | 2006年5月16日 (火) 05時22分

京女。さん、こんにちは!
お役に立った様で嬉しいです(^。^)
お母さんたちで大型紙芝居など作ろうと盛り上がっているときに、著作権云々って言いにくくて(私自身もよくわからなかったし)、そのままにしてしまったことがあるのですけど、こういう手引きがあれば、はっきりしていて言いやすいですよね。
許可をいただいておけば、堂々とできますもの。
こういう手引きにも基づくとわずらわしいことも多くなるかもしれないですけど、ほとんどの方が日頃意識しない著作権についても、勉強するよいきっかけになればいいかな、と思います。

投稿: めーべる | 2006年5月16日 (火) 11時51分

表紙を載せるにも許可がいる・・・とは知っていましたが、その他のことも含めていよいよ厳しくなっていくのでしょうか・・・。
司書資格を取るときにちょっとかじって、掲載する時は出版社に確認の電話をいれていましたが、断られたことはなかったです。
今はブログ元が親切に色々と機能をつけてくれているので、いいのかなぁ~と使っていましたが、ここらへんの勉強をしなおさなければならないかもしれませんね。

投稿: ひととき | 2006年5月16日 (火) 16時18分

ひとときさん、こんばんは。

>掲載する時は出版社に確認の電話をいれていましたが、断られたことはなかったです。

きちっと確認されていたんですね。ひとときさんのような方はおそらく少数派です。ブログに本の中身を写した画像を載せていたりされる方もありますし・・・、その辺の意識の差はかなりあると思います。悪意があるのではなく、内容がよかったので他の方に知らせたいというだけなのだと思いますが・・・。

著作権は学校で習うこともなかったと思うし、日頃意識されることは少ないので、読み聞かせの分野でもかなり無頓着な部分もあるので、ガイドラインを作られたんでしょうね。

>ブログ元が親切に色々と機能をつけてくれているので

アフィりなら、そのあたりはクリアしているのではと思うのですが・・・、違うのでしょうか? 簡単にブログが作れる時代になったので、ひとりひとりが出版社に確認を取っていたら、これまた大変なことになりそうですよね・・・。
やっぱりわからないことがいっぱい・・・。
これからも勉強する必要がありますね・・・。

投稿: めーべる | 2006年5月16日 (火) 21時06分

全く無頓着でした(^^;)ゞ
紙芝居、無断で作って実演していましたので…

もっと勉強しなくてはいけませんね。
めーべるさんの情報有り難いです(^_^)v

投稿: はっぴぃマザー | 2006年5月16日 (火) 22時57分

はっぴぃマザーさん、こんばんは。
著作権のことって話題になることが普段はないですから、皆さんそんなものだと思います。わたしも新聞などで読んだりして少し関心がある程度です。
紙芝居、今後上演されることがあるなら、その前に許可を取ってみたらいかがでしょうか。

投稿: めーべる | 2006年5月16日 (火) 23時58分

こんにちは。はじめまして。TBありがとうございます。どんぶらこっこと申します。

著作権、なかなかややこしいですね。いつも苦労しています。でも大事な権利なので、使わせていただく側も大切にしないとと思っています。
今回の見解は今までの通例のやり方をわかりやすくまとめたものと思います。特に厳しくなったりということもありませんし・・。

読み聞かせはこのところとても盛んなので、こういう見解も出てきたのでしょうね。うれしい悲鳴の見解といったところ?

これからもよろしくお願いします。

投稿: どんぶらこっこ | 2006年5月17日 (水) 05時11分

どんぶらこっこさん、ようこそ!
TBもありがとうございます。

著作権、普段はあまり意識することがないですけど、考え出すとよくわからないです。
こういうガイドラインで示してもらえるとはっきりする面もあるので、いいと思います。
読み聞かせが盛んになって云々というよりは、一般(例えば読み聞かせをする人)の著作権への意識が低いので、必要になってきたってことかな??

こちらこそよろしくおねがいします。

投稿: めーべる | 2006年5月17日 (水) 11時51分

はじめまして。
私も小学校で読み聞かせボランティアをして2年半になります。
小学校が募集をされて、参加しました。
著作権の事、大変参考になりました。
今は、まだ「本を読む」だけですが、今後の活動をしていく上で、知っておかなければならない事です。
どうもありがとうございました。

投稿: うー吉 | 2006年5月17日 (水) 12時04分

うー吉さん、はじめまして&ようこそ!
お役に立って何より、嬉しいです。
TBもありがとうございました。
こちらからも後ほどTBさせていただきます。
小学校での読み聞かせ、がんばってくださいね(^o^)/

投稿: めーべる | 2006年5月17日 (水) 21時15分

読み聞かせが盛んになって云々というよりは、一般(例えば読み聞かせをする人)の著作権への意識が低いので、必要になってきたってことかな??

「どんぶらこっこの毎日」でもちょっと書きましたが、意識が低いというより、「意識外」だったというところではないでしょうか?そんなところにこの見解がふってきたように思え、知り合いのボランティアさんも戸惑っている方が多かったです。

以前のように「読み聞かせ」がマイナーだったら、こんな見解も出なかった(実害があまりないから)と言いたかったのです。しつこくてすんません。

投稿: どんぶらこっこ | 2006年5月17日 (水) 22時00分


ご無沙汰しています。

確かに、著作権は面倒ですね。

性善説で考えられた昔と違い、今はせこい事を悪気をもってやる人が増えたために、書き手も自己防衛しているように思えます。

応援クリックしていきますね。

投稿: タツ | 2006年5月17日 (水) 22時19分

めーべるさん~こんばんは♪

記事のお知らせ、ありがとうございます(*^o^*)
最近バタバタで新聞をじっくり読まないので
記事が載っているのを知りませんでした・・・

著作権って昔から結構話題になってますよね~
さかまきかやこさんなどはこれを放棄して
どうぞ自由にどうでもして下さいっ言ってますね(*^o^*)
でも、そう言う方ばっかりではないので、難しいです!
読み聞かせをする立場の人間も勉強が必要ですね!

投稿: alice | 2006年5月17日 (水) 23時08分

どんぶらこっこさん、タツさん、aliceさん、おはようございます。
レスが遅くなってすみません。
このブログをはじめて、こんなにひとつの記事にコメントをいただいたことは初めてです(@_@)

どんぶらこっこさん、
>「意識外」
たしかに意識外の方があってるかな。
パネルシアターなどを作るのも、その本が好きで読みたい気持ちの延長線上なんでしょうけれどね。

タツさん、
応援クリックありがとうございます。
デジタルな時代に入り、アナログな時代ではありえなかったことが簡単にできますしね・・。
絵本が好きな人でそんな悪意のある人はいないと信じたいですけど^_^;

aliceさん、
>さかまきかやこさん
検索してもヒットしなかったのですが、
もしかして、にしまきかやこさんのことですか???
絵本は作家さんだけでなく、出版社にも絡むことなので、
作家の気持ちだけではどうにもならないこともあるでしょうね。
時代も動いていくし、関心を持ち続けることが大事ですよね。

投稿: めーべる | 2006年5月18日 (木) 09時33分

はじめまして。

娘が小学校の時に2年間、中学校に入っても近所の人として読み聞かせのボランティアを1年間続けた経験があります。

読み聞かせに対しても『著作権者への許諾』が関係あるとは・・・今のいままで知りませんでした。
本好きな子供たちが増えることを目的としたボランティアだけに規則で縛られて縮小されることがないように、願っております。

投稿: 亜里沙(arisa) | 2006年5月18日 (木) 09時50分

めーべるさん~こんにちは♪

・・・いやぁどうしましょう(^^ゞ寝ぼけてました(^^ゞ
仰るとおりにしまきかやこさんです!!
アナがあったら入りたいです・・・

可愛い絵を描かれるにしまきさんですが・・・
結構ハッキリものを言う、鎌倉マダムでした(*^o^*)

投稿: alice | 2006年5月18日 (木) 10時36分

亜里沙(arisa)さん、はじめまして&ようこそ!
今回問題にされているのは、主に絵本を改変して何か作って上演するような場合だと思います。
絵本を読むだけならそれほど意識しなくてもよいのでは、とおもいますが、どれがよくてどれがダメなのか素人にはわかりにくいので、混乱しちゃうかもしれませんね・・・。

aliceさん、
>アナがあったら入りたいです・・・
いえいえよくあることです(^^)
西巻さんの講演会聞かれたのですね。いいな(^。^)

投稿: めーべる | 2006年5月18日 (木) 11時32分

本文を読み直してみてちょっと補足しておきます。
>幼稚園などで読み聞かせの活動をしていると、ペープサートだの大型紙芝居だのエプロンシアターだのいろいろ作りたくなっちゃうんですよね。

作りたくなるのは同じグループの方々。ちょっと皮肉っぽく書いたつもりなんですけど、文面からはわからないですよね^_^;

私自身は、おはなし会は、いろんなタイプの絵本があるのでペープサートなど使わずとも、絵本だけで十分やっていけると思っています。
ペープサートなどを作る時間を、絵本の勉強に費やせばいいのにとずっと思ってきました。
どうしてもグループの中で、何か大きなものを作るとなると、そちら中心になり、絵本選びへのエネルギーがいい加減になってしまうように思います。(わたしが経験した中での話で、どちらもきちんとされているグループもあるかもしれませんが。)
作ることへの自己満足感に浸ってしまうことにも問題があるようにも思います。もちろんこういう製作を通して、メンバー同士仲良くなったりしていいこともあるとは思います。
TBしてくださった、「マトリョーシカな日々」さんで書かれていたように、絵本をベースとした作品を上演することで満足して終わるのでなく、原作の絵本も紹介して、子供がいつでも読めるような状態にしてあげることも大事かなと思います。

投稿: めーべる | 2006年5月20日 (土) 16時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/1813578

この記事へのトラックバック一覧です: 著作権めぐり「読み聞かせ」に作家ら注文:

» 「読み聞かせ」に細かい注文 著作権めぐり作家ら [新 どんぶらこっこの毎日]
手引き「お話会・読み聞かせ団体等による著作物の利用について」 が出たということで、うっとこの図書館でも回覧されておりました。 実際に日本書籍出版協会のHPで内容を読んでみると、現在うっとこの図書館では既に実施していることばかり。「ええっ!」というような見解ではないようです。 しかし、こういうものが出てくるということは、著作権についての理解が思ったより浸透していないってことなのでしょうか?それとも? ... [続きを読む]

受信: 2006年5月17日 (水) 05時13分

» 心得ておく必要が・・・。 [わたしのたのしみ]
最近、子供の本離れを懸念してか、様々なところで「読み聞かせ」が盛んにされている。 家の中で、親や兄弟が絵本などを読んでやるのも、もちろん「読み聞かせ」。 この、「読み聞かせ」だけれど、場所や方法が変わればいろいろと問題が生じて来る事がある。 それは、...... [続きを読む]

受信: 2006年5月17日 (水) 19時22分

» 著作権のこと [マトリョーシカな日々]
社団法人 日本書籍出版協会 http://www.jbpa.or.jp/index.html のサイトで 「お話会・読み聞かせ団体等による著作物の利用について」というものが掲示されました。 [続きを読む]

受信: 2006年5月20日 (土) 02時55分

« 今夜のNHKBS「迷宮美術館」は、いわさきちひろ美術館 | トップページ | 『みずたまレンズ』 »