« 『おとなしいめんどり』 男女共同参画がテーマの昔話 | トップページ | オーサー・ビジット募集開始 »

2006年5月24日 (水)

昨夜放送「わたしの絵本」で紹介されたカロリーヌ・シリーズ

昨夜NHK・BS2で放送(23:30~24:00)された「夢のつづき わたしの絵本」~カロリーヌとゆかいな8匹・シリーズ~で、作家・重松清さんが子供の頃、その魅力に取り付かれてしまった絵本として紹介されていたのが、下の3冊の絵本です。

カロリーヌつきへいく Book カロリーヌつきへいく

著者:ピエール プロブスト
販売元:BL出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

カロリーヌうみへいく Book カロリーヌうみへいく

著者:ピエール プロブスト
販売元:BL出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

カロリーヌといなかのべっそう Book カロリーヌといなかのべっそう

著者:ピエール プロブスト
販売元:BL出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

フランスの絵本作家、ピエール・プロブストの「カロリーヌ」シリーズ(作・絵/ピエール・プロブスト 訳/やました はるお)は、昭和40年代から50年代にかけて女の子たちにとても人気の絵本だったそうです。今でも絵本専門の古本店に一番問い合わせが多いのが、このカロリーヌ・シリーズなのだとか。当時8歳くらいの少年だった重松さんは、カロリーヌが初恋の人だったかもとおっしゃっていました(^^)

カロリーヌ・シリーズの魅力は、ポップでファッショナブルな絵だけでなく、大人が登場しないことなんだそうです。カロリーヌと8匹の犬で、いろんなことをこなし、事件が起きても、さりげなく解決されていく・・・。お小言をいう大人がいないって、子供にとって、それは開放感ありますよね(笑)。

この絵本が名作かどうかは、わからないと重松さんはおっしゃられていたけれど、転勤族で10数回引越しをしたのに、高校卒業までずっとカロリーヌの絵本を持ち続け、今でも重松さんにその魅力を熱く語らせてしまう絵本は、やっぱり「名作」といってもいいのではないでしょうか。

わたしは重松さんとほぼ同世代なんですけど、残念ながら子供の頃読んだ記憶が全くありません。復刊されて話題になっていたことは知ってはいたのですが、表紙の絵にちょっと違和感があって手に取ったことはなかったのでした。でも、番組を見て食わず嫌いだったと気づきました・・・。ストーリーだけでなく、絵も隅々までいろいろと楽しめるようで、読んでみたくなりました。図書館ででも探してみることにします。

また、番組の中、谷川晃一さんの手作り絵本のコーナーで紹介されたのは、卓上型カレンダーを使った思い出絵本でした。予定が書かれてない日付の欄に、絵を描いたり、シールを貼ったり、雑誌の切抜きをコラージュしたりというように、好きなようにカレンダーにどんどん描き加えていくとカレンダーを使い終わったときに、素敵な絵本になりますよ・・・という具合。これが絵本と言えるのかどうかはわからないけれど、カレンダーもこんなふうにしておくと用が済んでも捨て難く、あとから見てもそのときのことを思い出せていいかもしれません。絵を描きなれていない人にも、これなら気軽に取り組めそうです。

そして、番組の最後に、絵本専門店の方がお勧めの本として紹介していたのが、次の絵本です。

でんしゃえほん Book でんしゃえほん

著者:井上 洋介
販売元:ビリケン出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

カブトムシ型電車とか、階段を登っていく電車とか、子供が考えそうな楽しい電車がページをめくると次々現れました。作者の井上洋介さんはこの絵本を68歳で出したとのこと、今でも子供の感覚を忘れていない、みずみずしい頭をお持ちの方のようです。これもぜひ読んでみたいです。

「夢のつづき わたしの絵本」は昨日が2回目の放送、前回も月末の火曜日だったので、月1回月末の火曜に放送される(BS-2 午後11・30~午前0・00 )みたいです・・・。絵本好きの方は要チェックですね。なお、今日ご紹介したものがデジタル衛星ハイビジョンでは、5月26日(金)午後10・00~10・30 に放送になるそうです。ご覧になれる環境の方はぜひどうぞ。

★人気blogランキングに参加しています。ランキングなかなか回復できません・・・。応援クリックよろしくお願いします→。人気blogランキング

|

« 『おとなしいめんどり』 男女共同参画がテーマの昔話 | トップページ | オーサー・ビジット募集開始 »

子供」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

絵本関連情報」カテゴリの記事

コメント

背景変えられたんですね。
私的には、前の方が好きかな…(^^;)ゞ

重松さんの魅せられた絵本は『カロリーヌ』シリーズだったのですね。
実は私も食わず嫌いで…
書店で手にしたこともあるのですが、パラパラめくってそれっきりでした(^^;)ゞ
私も今度ゆっくりと手にしてみます。

重松さんの『流星ワゴン』面白かったです。

投稿: はっぴぃマザー | 2006年5月24日 (水) 23時37分

はっぴぃマザーさん、こんにちは。
背景、ちょっと失敗だったかと、わたしも思います(笑)。
以前のは文字の色が薄いので、自分で濃い文字に変えていたのですが、それがだんだんめんどうになってきて、違うデザインに変えてみたのですが・・・。また、他のを探してみます(^^)

『カロリーヌ うみへいく』を借りてきました。
ページをめくるともう次の話に移っていたりして、文学的には、イマイチなのかも。おはなし会にも向かないと思います。
でも、絵は楽しいです!
子供がとりこになるというのもわかります。
子供の頃に出会えたら、これはこれで幸せな本との出会いだと思いました。

>重松さんの『流星ワゴン』面白かったです。
図書館で探してみますね。

投稿: めーべる | 2006年5月25日 (木) 11時27分

こんにちは!
カロリーヌシリーズは私よりも娘が先に虜になりました。図書館へ行っても必ず娘が選ぶのはカロリーヌシリーズ。最初はその文字数の多さに辟易していたのですが、なんと読み始めるとすっごく面白いです。何より、ちょっぴり大人っぽくてキュートなカロリーヌが、娘の心をしっかり捉えてしまったみたい。それとね、確かにカロリーヌ物語では大人は登場しないのですが、唯一登場するのはクリスマスのシリーズ!! 私はこの絵本がシリーズの中で一番好きです。

投稿: 京女。 | 2006年5月27日 (土) 11時08分

京女。さん、こんにちは。
母子で、カロリーヌファンになられたんですね(^^)
親子でいっしょの絵本を楽しめるってとても嬉しいですよね。

>図書館へ行っても必ず娘が選ぶのはカロリーヌシリーズ

お気に入りの本と出会えて、お嬢さん幸せですね(^。^)
一生の心の友となるのかも。

クリスマスバージョン、図書館にあったかも。
また探してみます。

投稿: めーべる | 2006年5月27日 (土) 15時23分

こんにちは。

汽車絵本は、「機関車やえもん」というのが
記憶に残っています。

トーマスとどっちが先なんだろう。

応援していきますね。

投稿: タツ | 2006年5月29日 (月) 22時29分

タツさん、こんばんは。
応援クリックありがとうございます(^。^)

『きかんしゃやえもん』、息子たちも好きでした。
ちょっと調べてみましたら、やえもんの初版は1959年みたいです。
トーマスは日本語版初版が1973年だとか。(どなたかのブログ記事なので正確かどうかちょっとわからないです)。原作はもっと古いのでしょうけれど・・・。
トーマスシリーズも息子たちは大好きだったのですが、長すぎてわたしはあまり読みたくない絵本でした(^^ゞ

投稿: めーべる | 2006年5月29日 (月) 23時48分

めーべるさん、皆さん~こんにちは♪

小学校の去年の読み聞かせの時に、ある人がこの本を読んでおられて、私もその人から借りて読みました!
復活された本は少しづつ原版と違っているところもあって、その方は前の方がいいな~って言ってました!その人も重松さんと同じくらいこの本が大好きで、多分二人で語ったら一晩中語っているでしょう!
いつも思うんですが、めーべるさんのアンテナは高いところにしっかり張り巡らされているって思います!!自分自身の知識の無さがなんだか目につきますく(*´▽`)エヘヘッ

投稿: alice | 2006年6月 1日 (木) 16時21分

aliceさん、こんばんは。

>その人も重松さんと同じくらいこの本が大好きで、多分二人で語ったら一晩中語っているでしょう!

ホントですね(^^)
番組の中で、オリジナルの本も登場したのですが、それを目にしたときの重松さんの顔ったら・・・、ほんとに嬉しそうでした。

>めーべるさんのアンテナ

褒めすぎですったら(^^ゞ
でも、皆さんの参考になるようなブログになるようガンバリマース。

投稿: めーべる | 2006年6月 1日 (木) 21時25分

ハイ!!大いに参考にさせていただきます(*^o^*)

「ロバのシルベスター・・・」のことですが・・・
やっと思い出しました(^_^;)ゝ
いなくなった息子を捜してくれと両親が警察に行ってる場面で、警察官が豚ですよね・・たしかスラングで警察がpigで・・・ここが引かかって、出版禁止になったって、童話館のお便りにあったと思います!
あぁ~でも大嘘つきだったらごめんなさい(^_^;)ゝ
この春、ずっと取り置いてたそのお便り捨てちゃいました~全部~(^^ゞ

投稿: alice | 2006年6月 2日 (金) 13時18分

そうだったんですか。
童話館通信ならわたしも読んでいるはずなのに、全然記憶がなかったです(^^ゞ 読んでなかったのかも(笑)
イチオウ全部とってあるはずなのですが、いつ頃のでしょう? 
でも、復刊したんだから問題ないって判断されたってコトなんでしょうね。
問題のある絵本をわざわざ番組でお勧め絵本として紹介されることもないでしょうし・・・。

投稿: めーべる | 2006年6月 2日 (金) 16時13分

通信がいつの頃のものかは・・・まったく記憶にないです~ごめんなさい(;^_^A
過去のそう言う時期を乗り越えて復刻されたと書いてありました・・
確か、「しろいうさぎとくろいうさぎ」も同じだうんぬん・・と(^^ゞ

投稿: alice | 2006年6月 2日 (金) 17時09分

aliceさん、まいどです~(^^)

>過去のそう言う時期を乗り越えて復刻されたと書いてありました・・

絶版になっていたのはずいぶん前の話なんですね。
うちに配本で届いたころ(99年)には、もう解決していたってコトかな?

投稿: めーべる | 2006年6月 2日 (金) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/1922288

この記事へのトラックバック一覧です: 昨夜放送「わたしの絵本」で紹介されたカロリーヌ・シリーズ:

« 『おとなしいめんどり』 男女共同参画がテーマの昔話 | トップページ | オーサー・ビジット募集開始 »