« オーサー・ビジット募集開始 | トップページ | 『この本読んで!』 絵本関連雑誌紹介2 »

2006年5月29日 (月)

『まいごになったぞう』 寺村輝夫氏の作品から

もうご存知の方も多いと思いますが、童話作家・寺村輝夫さんが21日にお亡くなりなりました(享年77歳)・・・。寺村さんといえば、『ぼくは王さま』や『おしゃべりなたまごやき』が有名ですが、わたしが寺村さんの作品で一番親しんだのは、『まいごになったぞう』です。

まいごになったぞう Book まいごになったぞう

著者:村上 勉,寺村 輝夫
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ゾウの赤ちゃんが迷子になります。キリンやかばが心配しても、赤ちゃんは「あばば、うぶー」。赤ちゃんを食べようとしていたワニやライオンも赤ちゃんの「あばば、うぶー」で赤ちゃんがかわいくなって面倒をみてしまいます。やがて、赤ちゃんは眠ったままゴロンゴロンと転がって行ってしまい・・・・。

全く恐れることも疑うことを知らない純粋な赤ちゃんゾウの気持ちに応えるオトナたち。読んでいてとても気持ちがいいんですよね。信じる気持ちと愛する気持ち。育児に疲れているときでも読むととても穏やかな気持ちになると思います。

赤ちゃんゾウはもちろん、ワニまでもがとてもかわいくて、読んでいるうちに顔がほころんでしまうのです。村上勉さんがこんなかわいい絵を描くなんて意外でしたが、ページの使い方というか構図などさすがで、かわいいだけの絵本ではありません。

この絵本が童話館の配本でうちにやってきたのは、長男が2歳の終わりのころ。息子たちが小さい頃にはどのくらい読んだことやら・・・。昨日もテレビでゾウの赤ちゃんの映像を見ながら、次男(小5)が漏らした言葉が「あばば、うぶー」でした。テレビのゾウの赤ちゃんと、この絵本のゾウの赤ちゃんが重なったんでしょうね。わたしもテレビを見ながら、この絵本を思い浮かべていました・・・。

寺村さん、素敵なお話をありがとうございました。ご冥福をお祈りします・・・。

★人気blogランキングに参加しています。このブログが何かのご参考になったら、ぜひ応援クリックお願いします→。人気blogランキング

|

« オーサー・ビジット募集開始 | トップページ | 『この本読んで!』 絵本関連雑誌紹介2 »

・あかちゃん絵本」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

童話館ぶっくくらぶ配本」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

絵本関連情報」カテゴリの記事

コメント

めーべるさん、こんにちは。
ブログ、素敵に模様替えですね♪

寺村さん、お亡くなりになってしまったのですね。知りませんでした。

「おしゃべりな・・・」は、知っていましたが、この「まいごになったぞう」は、読んだ事がありません。
ソウの絵、とっても可愛いですね。
無邪気な赤ちゃんゾウ、無垢で素直な心に、癒されそうな1冊ですね。
今度、図書館で探して見ますね~ヽ(^o^)丿

投稿: ぴんくのこぶた | 2006年5月30日 (火) 10時43分

ぴんくのこぶたさん、こんにちは。
ちょっと涼しげにしてみました(^^)

この絵本、かわいいものがお好きなこぶたさんの好みかも。

絵も親しみやすく、背景もすっきり、遠目も効きますし、子供の好きな繰り返しと、ちょっとハラハラドキドキありで、幼稚園で、年少さんあたりの読み聞かせにいいように思います。

投稿: めーべる | 2006年5月30日 (火) 11時02分

めーべるさん、ぴんくのこぶたさん~こんにちは♪

私、寺村輝夫さんがお亡くなりになったの知りませんでした(-_-#)うわぁ~結構ショック!!

このまいごのぞうは私の大好きな絵本です!!!
同じように童話館の配本でした!小さな娘二人を
両方の足の上に乗せて、ごろんごろん~ってしながら主人が読んでいたのを思い出します!
あのきゃっきゃと楽しそうな姿は忘れられません(^^ゞ
私はあえて、これを6年生の読み聞かせに読むことがあります。お母さんのところに安心して戻って良いんだよ~ってね(^^ゞ

投稿: alice | 2006年6月 1日 (木) 16時14分

aliceさん、こんばんは。
aliceさんも童話館で配本受けていたんですね、長いお付き合いなのに知らなかったです^_^;

aliceさんもこの絵本お好きなんですね(^。^)
ご家族の思い出の絵本でもあるんですね。

>小さな娘二人を両方の足の上に乗せて、ごろんごろん~ってしながら主人が読んでいたのを思い出します!

子供って絵本と同じようにしてもらうと喜びますよね。
お嬢さんたちもこの絵本のこと、覚えているかしら?

>私はあえて、これを6年生の読み聞かせに読むことがあります。

なるほど~。大きくなってから読んでもらうとまた違った感じ方をするのかも。
でも、長いことその小学校で活動されて、子供たちとも先生方とも信頼関係があるからできることかな、とも思います。初めてのところで、赤ちゃん向けの本を読まれるとちょっとバカにされているように感じちゃう子もいると思うのですよ・・・。
読み聞かせの本の選び方は難しいです~。

投稿: めーべる | 2006年6月 1日 (木) 21時17分

>赤ちゃん向けの本を読まれるとちょっとバカにされているように感じちゃう子もいると思うのですよ・・・。

・・成る程、成る程・・そうなんだ~~また大切なお話しありがとうございます\(@^▽^@)/

投稿: alice | 2006年6月 2日 (金) 13時10分

>赤ちゃん向けの本を読まれるとちょっとバカにされているように感じちゃう子もいると思うのですよ・・・。

これは図書館での読み聞かせ講習会で聞いた話です。
読み手がその本を選んだ意図が伝わるといいのですが、そうとは限らないですものね・・・。
でも、長年読んでもらっていて、この人が読む本は面白いとかって信頼関係があれば大丈夫なのでは・・・。

投稿: めーべる | 2006年6月 2日 (金) 16時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/1990691

この記事へのトラックバック一覧です: 『まいごになったぞう』 寺村輝夫氏の作品から:

» 「おしゃべりなたまごやき」寺村輝夫氏死去 [もっと楽しく!通信販売]
《「おしゃべりなたまごやき 」などで有名 [続きを読む]

受信: 2006年5月30日 (火) 00時21分

« オーサー・ビジット募集開始 | トップページ | 『この本読んで!』 絵本関連雑誌紹介2 »