« 個性的なワニくん絵本 1 | トップページ | 絵本ダイアリー »

2006年3月17日 (金)

おっと合点承知之助

今日は言葉遊びの絵本をご紹介します。

おっと合点承知之助 Book おっと合点承知之助

著者:つちだ のぶこ,斎藤 孝
販売元:ほるぷ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

表紙の絵の、子供とおじいちゃんとネコのなんと楽しそうなこと! エネルギーあふれる子供の世界には、つちださんの絵がぴったり。

おじいちゃんと忍者ごっこを楽しむ兄妹が登場します。いろんな場面で「その手は桑名の焼き蛤」、「すいませんねん亀は万年」など、いろんな付け足しことばが登場します。声に出して読むと楽しいです。

大ブレイクした『声に出して読みたい日本語』に入れた付け足し言葉が小学生に大人気だったことから生まれた絵本だそうです。あとがきで齋藤孝さんは「元気があるから声を出すと言うこともありますが、声に出すことで元気になって来るという側面が言葉にはあります」と書かれています。たしかに黙読でなく、絵本は声に出して読んでいると、なんだか元気が出てきます。

この本が出版されてからもう3年。その後「付けたし言葉」が子供の間で市民権を得たのかどうかは??ですが、こういうことば、知っていると楽しいですよね。会話の相手とより親しくなれるように思います。親子でオリジナルの付け足しことばも作っちゃうのもいいですよね。・・・・で、思い出しましたが、長男(中学生)が小学2年のころ、帰宅時玄関で「ただいマンモス!」といっていたことがあったのですが、これも付けたし言葉ですね。わたしは「おかえリンゴ!」で応じていました^_^;

Henoheno0603 ところで、この絵本の中表紙には「へのへのもへじ」やら「へめへめくつじ」やら「へくへくもらも」などがいっぱい描かれているんですが、先日次男(小4)がこんなもの←を描いていました(画像がイマイチでスミマセン)ので、おまけで載せておきます。すべて次男のオリジナルだと思います。いろいろ考えられるものですね、感心。

追記:次男が「へのへのもへじ」の続編を描きました。なかなかバージョンアップしています。9月25日の記事もご覧ください。

★今週から人気blogランキングに参加を始めました。応援クリックよろしくお願いします。→人気blogランキング

|

« 個性的なワニくん絵本 1 | トップページ | 絵本ダイアリー »

・ことばあそび絵本」カテゴリの記事

子供」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

はじめまして^^
ブログランキングからまいりました。
「えほんのまいにち」の新歌と申します。
この絵本、数年前に読んだきりなのですが
とっても楽しかったのを覚えています。
あのときは、つちだのぶこさんのことは知らなかったのですが
最近『でこちゃん』をはじめ、つちださんの絵が大好きなので
また読みたいと思いました^^子どもたちも
以前よりもっと笑えると思います♪
これからもお邪魔して、勉強させていただきますね。
私の方へもお時間ありましたら遊びにいらしてください^^
どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 新歌 | 2006年3月17日 (金) 23時06分

新歌さん、はじめまして&ようこそ!
お名前はたしか「マトリョーシカな日々」さんのコメントで拝見していました。
来てくださって嬉しいです(*^。^*)

>「えほんのまいにち」
ブログのタイトルからもお子さんと毎日絵本を楽しんでいらっしゃる様子が伝わってきます。
息子たちはもう読み聞かせは卒業してしまったので、わたしは思い出に浸りながらブログを書いています(笑)。

つちださんの絵はパワフルでいいですよね。
わたしもつちださんの本で持っているのはたぶんこの本だけなのですが・・・。

このブログが何かお役に立てれば大変光栄です。

今、チラッとそちらに伺って来たのですが、また改めて伺いますね。
こちらこそよろしくお願いします。

投稿: めーべる | 2006年3月18日 (土) 00時01分

めーべるさん、こんばんは~
斎藤 孝さんの他の絵本、水曜日に保育所に有ったのを気持ちよく読んだばかりなんですが、題名をど忘れしてしまいました(^^;)>

『声に出して読みたい日本語』は、息子が中学の時に読み合って遊びました。
どっちが先に突っかからないで最後まで読めるかって…
もちろん?私の勝利でしたが(^^;)>

次男君はオリジナリティがありますよね~♪
へのへのもへじ以外、考えもつかない凡人?の私です。

投稿: はっぴぃマザー | 2006年3月19日 (日) 00時05分

ちわ〜(^-^) マト日々のkayoです〜。
この絵本...つちださんが絵をつけたことで日本語の
おもしろさがひきたちましたね〜。
我家のおチビは毎日「にほんごであそぼ」を見てますよ。
もちろん私も...(=^_^=)
子どもも番組ってわかりやすく作ってあるから大人が見てもおもしろい。たまに、お〜っ!なるほどね〜と感動することがあります。

投稿: kayo | 2006年3月19日 (日) 12時52分

はっぴぃマザーさん、kayoさん、こんにちは。

>はっぴぃマザーさん、
>『声に出して読みたい日本語』は、息子が中学の時に読み合って遊びました。

こういう楽しみ方もあるんですね(^。^)
名文は小さい時に覚えおくといいのでしょうね。もう、なかなか覚えられません(^^ゞ

子供は頭がやわらかでいいです~。わたしも「へのへのもへじ」以外描こうとも思わないです(笑)。


>kayoさん
このストーリーはつちださんが考えたらしいですが、うまいですよね。付けたし言葉がごく自然に使われているというか・・・。
お嬢ちゃんも楽しまれているのかな?

「にほんごであそぼ」、次男はまだ時々見ているので、わたしもチラチラ見ています。
狂言、講談、落語など日本の芸能に小さいうちから触れられて今の小さい子達はいいですね(^。^) (長男が小さいころはまだこの手の番組はなかったです。)
中でも野村万斎さん、すごいですよね~。

投稿: めーべる | 2006年3月19日 (日) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/1070238

この記事へのトラックバック一覧です: おっと合点承知之助:

» ★★★★おっと合点承知之助    (おはなし) [Enjoy! 読み聞かせ@えほん]
おっと合点承知之助 文:齋藤孝 絵:つちだのぶこ / ほるぷ出版 / 2003年 《おっと合点承知之助 の内容紹介》 少し前のことですが、声に出して読みたい日本語という本がヒットしました。 齋藤先生は、テレビでも引っぱりだこ〜!! その齋藤先生が、....... [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 11時19分

« 個性的なワニくん絵本 1 | トップページ | 絵本ダイアリー »