« 絵本原画展情報 | トップページ | こんにちワニ »

2006年3月26日 (日)

『月人石』 ~書の力を感じる絵本

今回は書の絵本をご紹介します。といっても、漢字の勉強をする絵本ではなく、書の力を感じる絵本です。

月人石―乾千恵の書の絵本 Book 月人石―乾千恵の書の絵本  (こどものとも傑作集)

著者:乾 千恵,川島 敏生,谷川 俊太郎
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

乾千恵さんの書はとても力強く、単に意味を伝える文字を超えて、まるで生きているかのような生命力を感じます。編集部は、子供たちにもこの書の魅力を伝えるにはどうしたらよいかと考え、左側に書、右側に写真とひとこと添えるという形の絵本が作られたそうです。

「扉、猫、風、音、馬、影、水、石、火、山、蟻、月、人」の文字が力強く迫ってきます。川島さんは、表紙も含め14枚の写真のために4000回シャッターを切ったというだけあって、写真もとても魅力的です。書と写真の組み合わせが決まったら、谷川さんはほとんど即興的に言葉が浮かんできたそうです。

また、巻末に書の意味に対応した19の言語が載っています。世界にはいろんな国があることも、子供にも感じられるのではと思います。

「こどものとも」2003年1月号として出版されたものが、昨年ハードカバーとなって出版されました。税抜き価格が800円なのも嬉しいです。書は今、インテリアとして部屋に飾られる人も増えてきているとか。大人の方にもプレゼントしても喜ばれそうです。

★人気blogランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします→。人気blogランキング

|

« 絵本原画展情報 | トップページ | こんにちワニ »

・見て楽しむ絵本」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/1172732

この記事へのトラックバック一覧です: 『月人石』 ~書の力を感じる絵本:

« 絵本原画展情報 | トップページ | こんにちワニ »