« 落語のような話 『てんまのとらやん』 | トップページ | 長新太さん遺作絵本『ころころ にゃーん』 »

2006年3月 4日 (土)

『おおきなカエル ティダリク』

我が家のお気に入り、昔話絵本です。

『こどものとも2000年9月号』として出版されたものが、昨年9月に「こどものとも世界昔ばなしの旅Ⅱ(全15冊)」として再刊されました。

『こどものとも』として出版された時、店頭で加藤チャコさんの絵を見て一目ぼれで購入。以後息子ふたりもわたしもお気に入りの絵本で、今やページが取れかけてしまうほど。より多くの人に読んでほしいと思っていたので、ハードカバーでの再刊が嬉しいです。

おおきなカエルティダリク―オーストラリアアボリジニ・ガナイ族のお話 Book おおきなカエルティダリク―オーストラリアアボリジニ・ガナイ族のお話

著者:加藤 チャコ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大きなカエル・ティダリクが水という水を飲み干してしまい、困ったほかの動物がティダリクを笑わせたらお腹から水が噴出すのではと、ティダリクの前でとっておきの芸を披露。そして、ついに・・・・。

チャコさん描く動物たちが表情たっぷりで、もう絵だけ見ていても笑えてきちゃいます。うちの息子たちは、コアラ親子の百面相とウナギのノンヤンの蝶結びが特にお気に入り。いつも笑い転げていました。

昔話は、生きる知恵がいっぱいだけど、中には残酷な描写が(さらっとした表現とはいえ)あるものがあります(例えば『かちかちやま』など)。お話会などでは、あまり昔話に親しんでない子がいるかもしれず、読んで大丈夫かと悩む絵本もありますが、これは残酷な部分がなく、本当に楽しい昔話です。おはなし会でも何度か読みましたが、いつも笑い声があがりました。(読み聞かせ時間:6分ほど)

|

« 落語のような話 『てんまのとらやん』 | トップページ | 長新太さん遺作絵本『ころころ にゃーん』 »

・お気に入り絵本」カテゴリの記事

・昔話」カテゴリの記事

・笑える(絵)本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

読み聞かせ(おはなし会)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/918135

この記事へのトラックバック一覧です: 『おおきなカエル ティダリク』:

« 落語のような話 『てんまのとらやん』 | トップページ | 長新太さん遺作絵本『ころころ にゃーん』 »