« 『いろ いきてる!』 | トップページ | 今日の気分にあわせて »

2006年2月15日 (水)

長新太さんのデビュー作絵本

がんばれさるのさらんくん がんばれさるのさらんくん

著者:中川 正文,長 新太
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

福音館書店のHPを見ていたら、昨年亡くなられた長新太さんが1958年に描かれた絵本でのデビュー作品が、1月に復刊されているんですね。「こどものとも」創刊50周年を記念しての限定復刊だそう。中の絵もこちらで2ページだけだけど、見られますよ。

長さんのおなじみの絵とは画風が全然違いますね。でも、なんか楽しそうな絵だこと! ほしくなってきた・・・。買うなら早めに!ですね。

長さんが絵本を描くきっかけの話などは、たしか『母の友』2005年11月号での長さん追悼特集に載っていたような・・・。手元にその号がないので、ちょっと確信がないけどね(^^ゞ

|

« 『いろ いきてる!』 | トップページ | 今日の気分にあわせて »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

コメント

めーべるさん、ブログ開設おめでとうございます。
めーべるさんらしい、大人の雰囲気いっぱいの素敵なページになりましたね♪

この長新太さんの絵本、いいですぅ~♪
私の知っている絵本の絵とは、ぜんぜん違いますね。
明日、早速、本屋さんに行って見ます(^o^)丿

絵本の事、いろいろ教えて下さいね(#^.^#)
これからも、どうぞよろしくお願い致します。

投稿: ぴんくのこぶた | 2006年2月15日 (水) 20時32分

こぶたさん、一番乗りありがとうございます。
すっきりしたテンプレートで、あまり使われてなさそうなものを探しました^_^;
『みづゑ』も好きな雑誌だし・・・。

画風をガラッと変えてかけるところがすごいですよね。
この絵本の話を読んだ堀内誠一さんがぴったりな画家がいるといって松居直さんに紹介したのが、長さんだったと読んだような記憶があります。
この紹介がなければ、数々の楽しい絵本にわたしたちは出会えなったんでしょうね。

この絵本、本屋さんで見つかるといいな(*^。^*)

投稿: めーべる | 2006年2月16日 (木) 08時49分

めーべるさん!おかげ様で、この本、ゲットできましたぁ~(^o^)丿
トラックバックにも、初挑戦!!
この記事にトラックバックさせていただきました~♪

投稿: ぴんくのこぶた | 2006年2月16日 (木) 22時24分

こぶたさん、長さんの絵本ゲット&初トラックバック成功おめでとうございます。

わたし、まだ本屋さんに行ってません(^^ゞ
読まれた感想などまたブログにアップしてくださいね。

投稿: めーべる | 2006年2月17日 (金) 16時38分

はじめまして。
私は2歳の息子と7歳の娘がいます。
娘の小学校で読み聞かせボランティアをしています。
2歳の息子の絵本の会も主催しているのでまだまだ知らない絵本がたくさんで日々親の私のほうが絵本を楽しんでいます。

わぁ~、『がんばれさるのさらんくん』とっても興味深々な絵本です。
長さんの作品は何冊も読んでいますが、これはまだ読んでいません。
1作目、しかも絵の雰囲気がまた違いますね~
是非読んでみようと思います!
たくさんの絵本をご存知みたいなのでこれからちょこちょこよらせてもらいます。

投稿: クミコ | 2006年2月20日 (月) 14時13分

クミコさん、はじめまして&ようこそ!
精力的に活動されているんですね(*^。^*)
子どもが小さいと活動するのも大変ですけど、
子どもと自分と同時に楽しめるのがいいところですね。

この絵本を探しに少し大きめの本屋へ行ったのですが、
残念ながらありませんでした・・・。
また別の本屋へ行ってみようと思います。

絵本のおはなし、よかったら、いろいろしましょうね。
お待ちしています。

投稿: めーべる | 2006年2月20日 (月) 14時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/718677

この記事へのトラックバック一覧です: 長新太さんのデビュー作絵本:

» ゲット!! [こぶたの絵本といっしょ]
お友達のめーべるさんに教わった絵本を、今日、2冊ゲットできました~♪ (^o^) [続きを読む]

受信: 2006年2月16日 (木) 22時21分

» がんばれさるのさらんくん [わくわく本]
がんばれさるのさらんくん 中川正文/作 長新太/画  福音館書店    ぼくがこのブログを始めたのが昨年の六月で、その月のうちに長新太さんの訃報が届きました。長新太さんは、絵本といえばまず最初に思い浮かべるぐらいに大きな存在でしたから、ぽっかりと大きな穴ができてしまったような喪失感を抱いたことを思い出します。  でも、今でも本屋さんや図書館の絵本棚には以前と変わらず長新太さんの作品がたくさん並んでいて、きっとこれからも長新太さんは絵本の棚から元気な笑顔をふりまいてくれることでしょう。 ... [続きを読む]

受信: 2006年2月18日 (土) 15時08分

« 『いろ いきてる!』 | トップページ | 今日の気分にあわせて »