« 厳しい冬と待ちに待った春を感じる絵本 | トップページ | ほのぼの系ワニくん絵本 1 (「てれび絵本」放送中) »

2006年2月19日 (日)

『ぼちぼちいこか』

ぼちぼちいこか Book ぼちぼちいこか

著者:マイク・セイラー
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日は我が家のお気に入り絵本をご紹介します。

ユーモラスな表情のかば君が、消防士、船乗りなどいろいろな職業に挑戦しますが、その体重の重さゆえどれもこれもうまくいかず、途方にくれます。「そや。ええことおもいつくまで ここらでちょっとひとやすみ。」と ハンモックへ。「ま、ぼちぼちいこか ということや」となります。

原題では『かば君何になれるかな』という感じなのに、『ぼちぼちいこか』と関西弁で訳した今江祥智さんのセンスがすばらしい。かば君の表情がとても楽しく、絵だけ見ていても退屈しません。

関西育ちでない子供たちが一番最初に親しんだ関西弁がこの絵本(わたしは関西育ち)。
子供もわたしも暗誦できるほど読み込みました。何回読んでもあの頃、次男は大笑い。

小学校の読み聞かせでもいつもこの絵本は大受け。「もう1回読んで!」の声がよく上がる絵本です。お話会では導入部分で読むか、プログラム真ん中で中だるみ防止に読むかという感じでしょうか・・・。(文章自体は短いのですが、あまり小さい子には絵の状況が理解できないかと。幼稚園で読むなら年長さんあたりからがよいかなと思います。)

大人も子どもも楽しめる絵本だと思います。

|

« 厳しい冬と待ちに待った春を感じる絵本 | トップページ | ほのぼの系ワニくん絵本 1 (「てれび絵本」放送中) »

・お気に入り絵本」カテゴリの記事

・笑える(絵)本」カテゴリの記事

・関西弁の絵本」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

読み聞かせ(おはなし会)」カテゴリの記事

コメント

この絵本、私も大好きです♪
かば君のマイペースなところがほのぼのして、またちょっぴり自分にも似ていて、憎めないですよね~。
「ぼちぼちいこか」人生もあまり無理せずに、自然体で歩んでいけたらいいなぁ~と思っています。
関西弁・・・東京人の私には、読むのがちょっぴり不自然になってしまうような気がします。
ほんまの関西弁での読み聞かせ、聞いてみたいです(^o^)丿

投稿: ぴんくのこぶた | 2006年2月19日 (日) 23時31分

この絵本に出会ったのは、OLの時、先輩から面白いよって紹介されてなんです。当時絵本には全く興味ない状態だったけれど、これは一目で気に入って、買っちゃいました。
大人が読んでも、楽しめる絵本ですね。

関西弁を話さない人がこの絵本を読むのはちょっと難しいですよね。
でも、ご自分なりの読み方をされたらいいと思いますよ。地元の言葉に翻訳もいいかもね。
おはなし会などでは、自信がもてないならあえて読まなくてもいい(他にも楽しい本はいっぱいあるので)と思いますけれど・・・。

投稿: めーべる | 2006年2月20日 (月) 08時45分

めーべるさん、ぴんくのこぶたさん~こんにちは♪

この本、私も大好きです♡
ほのぼのとしていて、なおかつ次のステップに進む
勇気を感じますね(#^.^#)

・・・でも残念なことに、左と右で一つの話しに
なっているので、結果が分かってしまうんですよね!
紙芝居か何かに作り直したいね~とお話し仲間では
話してます(#^.^#)

投稿: alice | 2006年2月22日 (水) 15時47分

aliceさん、こんばんは。

>・・でも残念なことに、左と右で一つの話しに
>なっているので、結果が分かってしまうんですよね!

言われてみればそうですね。
でも、この絵本は、おはなし会に聞きに来てくれるような子はたいてい知っていますね。
展開がわかっていても、やっぱり面白いんでしょうね。
うちの息子たちにも、繰り返し繰り返し読まされましたから。

>紙芝居か何かに作り直したいね~

なるほど~。これはいいアイデアですね。
出版社も考えればいいのにねえ。
背景などがない分、絵のサイズ(向き)も変えやすそうですよね。

投稿: めーべる | 2006年2月22日 (水) 23時00分

TBありがとうございます。そうそう、小さい子には絵の状況がいまいち分からない部分がありますね。私もそう想いました。
文字が少ないので一見幼児向きと思われるのですが、職業の名前や状況的にある程度年齢のある子向けだと思います。
それにしても関西弁でこの絵本を読むと痛快ですよね。
私も大好きです。

投稿: 京女。 | 2006年4月30日 (日) 01時26分

京女。さん、こんばんは。
関西人としては、はずせない絵本ですよね(^^)
絵本は年齢は関係ないという人もいて、確かにその面もあるけれど、
年齢相応の方が楽しめるかなとも思います。

そうそう、最後のページで、木がクロスするところが面白いって言っていう子もいました。子どもは絵をよく見ているなあと感心しました。

投稿: めーべる | 2006年4月30日 (日) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/764617

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼちぼちいこか』:

« 厳しい冬と待ちに待った春を感じる絵本 | トップページ | ほのぼの系ワニくん絵本 1 (「てれび絵本」放送中) »