« 息子たちの言葉遊び | トップページ | 『代行返上』 »

2004年7月 6日 (火)

読み聞かせでのこと

今日は小学校での読み聞かせ。半年前にできたばかりの図書室は1階で門のすぐそば。不審者対策として、テラスのガラス戸(開けると外へ出入りできる)は開けないこととなったので、風が入らなくて暑いこと、暑いこと! どうしてこんな設計にしたのでしょう?? 誰がこんな設計でOK出したのか知らんが、ほんとに何も考えてないというのがよくわかる(-_-;)

今日読んで子供に好評だったのが、
『もっとおおきなたいほうを』 こどものとも2003年11月号 二見正直・作 福音館書店
大砲の大好きな王様と狐が大砲の大きさを競い合う。ページをめくるたびにどんどん大砲が大きくなっていく楽しさ・・・。オチも面白いし、争うことの愚かさも、子供にも伝わるはず・・・。
読み聞かせで好評だったと聞いて読んだみたのだけれど、その通りだった。おすすめ♪

ところで、6月15日におはなし会を学校の都合で中止したが、連絡ミスで子供たちには伝わってなかったようだと書いたのだけれど、なんとわたしとの電話で「子供たちには伝えます」と話した教頭先生は、どの先生にも伝えていなかったことが今日になり判明(-_-;) そりゃあ、子供たちには伝わらないはずだ! どうなっているんでしょうね、ほんとに。加えて、連絡し忘れていたことを思い出してもいないらしい・・・。読み聞かせボランティアへの認識もこの程度のものってことがよくわかった。。。

|

« 息子たちの言葉遊び | トップページ | 『代行返上』 »

絵本」カテゴリの記事

学校」カテゴリの記事

読み聞かせ(おはなし会)」カテゴリの記事

・戦争を伝える/平和を考える本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読み聞かせでのこと:

« 息子たちの言葉遊び | トップページ | 『代行返上』 »