« 取り繕い? | トップページ | 『まんぷくでぇす』 »

2004年5月22日 (土)

『オオカミのあっかんべー』

「指失った右手が宝、自助具の発明は尽きず」という68歳の方の記事に、とても感銘を受けた。すごい方がいるものだ。(朝日新聞be『あの日が出発点』)

読書メモ:『オオカミのあっかんべー』きむらゆういちの絵本エッセイ① 木村裕一 あべ弘士/絵 ソニー・マガジンズ

オオカミのあっかんべー オオカミのあっかんべー
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

木村裕一の大人向け初エッセイ。あのオオカミとヤギの会話調の文で、ニンゲン社会にもの申す。

楽に読めて、オモシロかった♪

|

« 取り繕い? | トップページ | 『まんぷくでぇす』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

絵本関連情報」カテゴリの記事

読書メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49734/20606731

この記事へのトラックバック一覧です: 『オオカミのあっかんべー』:

« 取り繕い? | トップページ | 『まんぷくでぇす』 »