« 『絵本のよろこび』 | トップページ | 『あくび』 »

2004年4月 7日 (水)

『こころからあいしてる』

今夜の絵本:『こころからあいしてる』 ジャンーバプティステ・バロニアン/文 ノリス・カーン/絵 山口文生/訳 

こころからあいしてる (児童図書館・絵本の部屋) Book こころからあいしてる (児童図書館・絵本の部屋)

著者:ノリス カーン,ジャン‐バプティステ バロニアン
販売元:評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


トナカイのおじさんから「ママはぼくを心から愛してる」っていわれて、コグマは「こころからってどんなこと?」 と友達に聞いて回ります。家に帰ってお母さんグマにも質問すると・・・。満たされた表情の母子。幸せそうに眠りにつくコグマ・・・。 親子で幸せなひとときが味わえる絵本。

|

« 『絵本のよろこび』 | トップページ | 『あくび』 »

絵本」カテゴリの記事

・おやすみ前の絵本(我が家の記録)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『こころからあいしてる』:

« 『絵本のよろこび』 | トップページ | 『あくび』 »