« 『さるとかに』 | トップページ | 『ふたりはいつも』 »

2004年1月10日 (土)

『アンナの赤いオーバー』

■今夜の絵本:『アンナの赤いオーバー』 
  ハリエット・ジィーフェルト/文 アニタ・ローベル/絵 松川真弓/訳 評論社

Book アンナの赤いオーバー (児童図書館・絵本の部屋)

著者:松川 真弓,ハリエット ジィーフェルト,アニタ ローベル
販売元:評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

戦争が終わってもお店は空っぽ。アンナのオーバーを手に入れるため、お母さんがしたことは? 
アニタ・ローベルの絵がとても温かい。読後感のいい絵本。

(この絵本は後に詳しく記事を書いています。記事へ。)

|

« 『さるとかに』 | トップページ | 『ふたりはいつも』 »

絵本」カテゴリの記事

・戦争を伝える/平和を考える本」カテゴリの記事

・おすすめ絵本」カテゴリの記事

・冬の絵本」カテゴリの記事

・クリスマスの絵本」カテゴリの記事

・おやすみ前の絵本(我が家の記録)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『アンナの赤いオーバー』:

« 『さるとかに』 | トップページ | 『ふたりはいつも』 »