« 『ふたりはいつも』 | トップページ | 『エルマーとカンガルー』 »

2004年1月15日 (木)

『さるのオズワルド』

■今夜の絵本:『さるのオズワルド』 エゴン・マチーセン/作 松岡享子/訳 こぐま社

さるのオズワルド Book さるのオズワルド

著者:エゴン マーチセン
販売元:こぐま社
Amazon.co.jpで詳細を確認する



いばり屋のボスザルの言いなりになっていた猿たち。あるとき、オズワルドが「いやだ」と叫んだ。そうしたら他の猿たちもオズワルドと一緒に叫んだ、「いやだ」と・・・。
「あるところに いっぴきの ちっちゃな つるがいて、おっとまちがい、さるがいて」というふうに毎ページに「おっとまちがい」が出てくるのも子供には楽しいみたい。

入浴後、学校であったいやなことを思い出してベソを書いていた次男が選んだのがこの絵本。オズワルドから勇気もらえたかな?

|

« 『ふたりはいつも』 | トップページ | 『エルマーとカンガルー』 »

絵本」カテゴリの記事

童話館ぶっくくらぶ配本」カテゴリの記事

・おすすめ絵本」カテゴリの記事

・おやすみ前の絵本(我が家の記録)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『さるのオズワルド』:

« 『ふたりはいつも』 | トップページ | 『エルマーとカンガルー』 »