« 『まがったかわ』 吉田遠志・動物絵本シリーズ | トップページ | 『マドレーヌのクリスマス』 »

2003年12月17日 (水)

『おちばがおどる』

今日の朝日の朝刊、「どくしょ応援団 冬休み特集」に小樽市で行なわれた児童文化セミナー(テーマは学ぶ)の様子が載っていた。その中で、工藤直子さんが「三日坊主で終わろうと10回やれば30日と自分に言い聞かせている」ことや、河合隼雄さんが「三日坊主でも何もしない人より3日エライ」と発言されていて、なるほどねえ・・・と。そう考えれば、始めやすいよね。三日坊主になりそうだからって何もしないよりは、三日でもやってみないよりはやった方がいいよね! (^^)


■今夜の絵本:『おちばがおどる』 いとうひろし ポプラ社

おちばがおどる Book おちばがおどる

著者:いとう ひろし
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


落ち葉小僧? 妖精? が踊る、踊る。とっても楽しそう。よく見ればすべて落ち葉のコラージュでできている。落ち葉でこんな楽しい絵本が作れるなんて。自分たちで作ってみるのもいいね。

|

« 『まがったかわ』 吉田遠志・動物絵本シリーズ | トップページ | 『マドレーヌのクリスマス』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

・冬の絵本」カテゴリの記事

・おやすみ前の絵本(我が家の記録)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『おちばがおどる』:

« 『まがったかわ』 吉田遠志・動物絵本シリーズ | トップページ | 『マドレーヌのクリスマス』 »