« 2003年10月 | トップページ | 2003年12月 »

2003年11月

2003年11月28日 (金)

『まよなかのだいどころ』

■今夜の絵本

まよなかのだいどころ Book まよなかのだいどころ

著者:モーリス・センダック,じんぐう てるお,神宮 輝夫
販売元:富山房
Amazon.co.jpで詳細を確認する



正直言ってこの絵本はよくわからない。でも子供は好きで小さいころよく読んだ。わからないけれど声を出して読むとなんか楽しくなる絵本。改めて絵をよく見ると、いろいろ描かれていて、いろいろ発見できる。今まで何を見てたんだとも思うけど^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年11月27日 (木)

『はちみつ』

■今夜の絵本:

『はちみつ』 かがくのとも1997年4月号
 ふじわらゆみこ/文 いせひでこ/絵  福音館書店

女の子がお父さんの養蜂業の仕事を見学するようすを描いている。蜂蜜がどうやってできるのか、四季折々の美しい風景と共に描かれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年11月26日 (水)

『かぼちゃひこうせん ぷっくらこ』

■今夜の絵本:

『かぼちゃひこうせん ぷっくらこ』
 レンナート・ヘルシング/ぶん スベン・オットー/え 
 奥田 継夫/やく 木村 由利子/やく 出版:アリス館

    表紙の画像は絵本ナビで。

なかよしのおおくまこぐまが種を植えてみると、やがて大きなばけかぼちゃに。二匹はその中へ引越しして、海へ空へと楽しい旅が始まる。
幼い子には夢を語り、大人には哲学をも語る。「おもうこと、また たのし」「いるかいないかわからない ふしぎなくまをのせながら ぷっくらこお ゆったりこ
子どもたちが小さいころよく読んだ絵本を、久々に次男が選んだ。      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年11月24日 (月)

『おおきなおなべとちいさなおなべ』

■今夜の絵本: 『おおきなおなべ と ちいさなおなべ』 かがくのとも2001年8月号 二宮由紀子/ぶん 石倉ヒロユキ/え

大きなおなべはたくさん水が入るけれど、その分沸くのに時間がかかるというようなことを、子供にもわかりやすく、大きななべと小さななべのくらべっこで楽しく描いてある。

絵がとってもかわいい。お話会にも向いていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年11月23日 (日)

『はくちょう』

■今夜の絵本:『はくちょう』 内田麟太郎/文 いせひでこ/絵 講談社

はくちょう (講談社の創作絵本) Book はくちょう (講談社の創作絵本)

著者:いせ ひでこ,内田 麟太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


傷ついた羽を池で癒している白鳥に、池が思いを寄せます。傷が癒えた白鳥が飛び立ったあと池は・・・・。
絵本というより画集のような美しさ。今まで知らなかった内田さんの世界にも衝撃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年11月22日 (土)

『ばばばあちゃんのやきいもたいかい』 

■昨夜の絵本:『ばばばあちゃんのやきいもたいかい』 さとうわきこ/作 福音館書店

ばばばあちゃんのやきいもたいかい (かがくのとも傑作集) Book ばばばあちゃんのやきいもたいかい (かがくのとも傑作集)

著者:さとう わきこ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


■今夜の絵本:『しずおか民話絵本 ふしぎむすめ物語』清水 達也/近藤 至弘/絵 
          静岡県読み聞かせネットワーク編 静岡新聞社

ふしぎむすめ物語 Book ふしぎむすめ物語

販売元:静岡新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する



富士市に伝わる「かぐやひめ」、静岡市に伝わる力持ちの娘の話「大力女房」、遠州七不思議に材をとった「片葉の葦」の3話を収録。
富士市に伝わる「かぐやひめ」は富士山に登ってから天へ舞い上がっていく。
でも昔話なのに地元の言葉で語られていないところが気に入らない。
なんだかウソっぽい感じがしてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年11月17日 (月)

「イマージュ」

■今日の音楽:image emotional&relaxing

イマージュ Music イマージュ

アーティスト:シャルロット・チャーチ,ロドリーゴ・レアン,坂本龍一
販売元:ソニーレコード
発売日:2000/08/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ゆらゆらばしのうえで』

今夜の絵本は図書館で借りてきた新刊絵本。

ゆらゆらばしのうえで (日本傑作絵本シリーズ) Book ゆらゆらばしのうえで (日本傑作絵本シリーズ)

著者:はた こうしろう,きむら ゆういち
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する



2003年10月発行の新刊。
大雨の後、きつねの追っ手から逃げるべくうさぎは濁流にかかる丸太の橋の上へ。後を追うきつねがその橋の上へ乗った途端、丸太が土手から外れ2匹は橋の上でシーソー状態。2匹は橋の上で何とかバランスをとりながら、一夜を明かしているうちに不思議な連帯感が生まれるのだが・・・。

本来敵である動物同士が運命共同体となって、話がどう展開していくのか、『あらしの夜に』のようなハラハラドキドキ感を味わった。(この話には続編は生まれないのかな??)面白いよ。おすすめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年11月16日 (日)

『ワニくんのふしぎなよる』 

■今夜の絵本:『ワニくんのふしぎなよる』 みやざきひろかず/作・絵 BL出版

ワニくんのふしぎなよる Book ワニくんのふしぎなよる

著者:みやざき ひろかず
販売元:BL出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ワニくんシリーズ第11作。ワニくんのところに宇宙人がやってきた・・・。
巻末に宇宙語の解読表がついていて、ひとつひとつ解読していくのも楽しい。


■今日の音楽:山本剛トリオ/ラ・ラ・ルー ~おとぎの国のジャズ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年11月15日 (土)

『そしたら そしたら』

■今夜の絵本:『そしたらそしたら』 谷川俊太郎/ぶん 柚木沙弥郎/え 福音館書店

そしたらそしたら (日本傑作絵本シリーズ) Book そしたらそしたら (日本傑作絵本シリーズ)

著者:柚木 沙弥郎,谷川 俊太郎
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

谷川さんの楽しい詩に柚木(ゆのき)さんの味のある絵がついてとても魅力的な絵本。見返しにすごろくまでついている。お話会にもお薦め。
この絵本の一部が柚木さんのHPで見ることができます。ぜひどうぞ。

■今日のCD:HORACE SILVER/JAZZ HAZ A SENSE OF HUMOR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年11月11日 (火)

『おうさまババール』

今日も雨。洗濯物が乾かないよぉ。
今ごろの雨が続くのをサザンカ梅雨というらしい。なるほどねえ。


■今夜の絵本:『おうさまババール』 ジャン・ド・ブリュノフ/作 やがわすみこ/訳 評論社

Book おうさまババール (評論社の児童図書館・絵本の部屋―ぞうのババール)

著者:ジャン・ド・ブリュノフ,やがわ すみこ
販売元:評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


読み始めたら結構長くて途中までということに。
登場人物(ゾウだけど)がやたら多くて、読みにくいカタカナの名前がいっぱい出てきて閉口した。

■今日の音楽:

LOVE Music LOVE

アーティスト:綾戸智絵
販売元:イーストワークスエンタテインメント
発売日:2000/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年11月10日 (月)

『ありがたいこってす!』 

■今夜の絵本:

『ありがたいこってす!』 ユダヤの民話から
  マーゴット・ツェマック/作 わたなべしげお/訳 童話館出版

家が狭くて家族の争いが絶えず、男は困ってラビ(先生)の所へ相談へ行くと、鶏やガチョウを家の中で飼うようにいわれる。さらに家の中の争いはひどくなり、再びラビのところへ相談に行くとヤギも家の中で飼うように言われる・・・。

この話、最初は好きじゃなかったのだけれど、だんだんこの話も面白さがわかってきたのかな、今日は楽しく読めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FLAMINGO

■今日の音楽:Stephane GRAPPELLI & Michel PETRUCCIANI/FLAMINGO

Flamingo Music Flamingo

アーティスト:Stephane Grappelli
販売元:Dreyfus
発売日:1996/10/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年11月 9日 (日)

『クリスマス オールスター』

■今夜の絵本:『クリスマス オールスター』中川ひろたか/文 村上康成/絵 童心社 

クリスマス・オールスター (ピーマン村の絵本たち) Book クリスマス・オールスター (ピーマン村の絵本たち)

著者:村上 康成,中川 ひろたか
販売元:童心社
Amazon.co.jpで詳細を確認する



幼稚園でクリスマスを祝う準備をしていると、押入れの中から、おひななまやこいのぼりの羨ましそうな声が。たこや門松、麦藁帽子に節分の鬼、そして、さつまのおいもまで出てきて、みんなでクリスマスを祝うことに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アンフォゲッタブル」

■今日の音楽:ナタリー・コール/アンフォゲッタブル

アンフォゲッタブル Music アンフォゲッタブル

アーティスト:ナタリー・コール,ナット・キング・コール
販売元:イーストウエスト・ジャパン
発売日:1997/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年11月 8日 (土)

『オレ・ダレ』

■今夜の絵本:『オレ・ダレ』 越野民雄/文 高畑純/絵 講談社

オレ・ダレ (講談社の創作絵本) Book オレ・ダレ (講談社の創作絵本)

著者:高畠 純,越野 民雄
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する



表紙が暗闇にいるゴリラの絵なので、ゴリラの話かと思ったら、暗闇の中の動物がいろいろ登場して、「わたし、だれ?」。暗闇の中でおしあいへしあいのシマウマは笑える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年11月 6日 (木)

絵本読み聞かせ講座・2

今日は図書館でのボランティア向けの読み聞かせ講習会(2回目)の日。
でも小学校でのおはなし会のメンバーからは先日から次々と用事ができていけなくなったと連絡・・・。(今年初めてこの講習会に参加の方にはぜひ聞いてほしいと思ってたのだけれど。)

読み聞かせ講座の2回目のテーマは「絵本の選び方」。
避けたい絵本と代表として『ゆずちゃん』が出てきたのが面白かった。だってこの絵本は数年前の低学年向けの課題図書ですごく売れた本で、学校の先生にはすごく人気があって先生の読み聞かせにはよく登場する本だと聞いていたから。わたしも最初読んだとき、取って付けたような話でどうも好きじゃないなと思ったんだけれど、何がどうよくないのかも、講座生の意見も聞いてすっきりした。話の展開の仕方も、主人公(ゆずちゃんかたいちくんなのか)も関西弁の独り言で話が進んでいくあたりも小さな子供にはわかりにくい。読み終わった後も幸せな気持ちにはなれないし。学校の先生は涙を誘うような話が好きなんだよね。
課題図書という飾りにだまされてはダメってこと。自分の感覚を大切に本選びしよう。

ゆずちゃん Book ゆずちゃん

著者:肥田 美代子,石倉 欣二
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昔話の読み比べとして、福音館書店の「ねむりひめ」とディズニーの「ねむれる森の美女」を2冊。ディズニーのは昔話としては全然なってないことが検証された。でも、こういうのはディズニーの絵本を子供に買い与える大人にこそ知ってほしい・・・よね。

Book ねむりひめ―グリム童話 (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)

著者:グリム,フェリクス・ホフマン,せた ていじ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

■おやすみ前の絵本: 『たんじょう じどうしゃ』 こどものとも2001年5月号 子風さち/作 山本忠敬/絵 福音館書店

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ピアノ・マン」

■今日の音楽:稲本響/ピアノ・マン

ピアノ・マン(ポピュラー・カヴァー作品集) Music ピアノ・マン(ポピュラー・カヴァー作品集)

販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2000/10/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年10月 | トップページ | 2003年12月 »