« 2003年9月 | トップページ | 2003年11月 »

2003年10月

2003年10月31日 (金)

『まんげつのよるまでまちなさい』

今夜のおやすみ前の絵本はコレ。

Book まんげつのよるまでまちなさい

著者:マーガレット・ワイズ・ブラウン,ガース・ウイリアムズ,まつおか きょうこ
販売元:ペンギン社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本の紹介記事は、06年9月に書いていますので、そちらをご覧ください。

(この記事は記録を元に07年9月24日に書きました。)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年10月26日 (日)

『さるのせんせいとへびのかんごふさん』

今夜と30日のおやすみ前の絵本はコレ。

『さるのせんせい と へびのかんごふさん』
  穂高順也/文 荒井良二/絵 ビリケン出版

さるのせんせいとへびのかんごふさん Book さるのせんせいとへびのかんごふさん

著者:穂高 順也,荒井 良二
販売元:ビリケン出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昨日図書館で借りてきたこの絵本、タイトルは知っていたのですが、
こんなに面白いとは!

動物村に新しくできた病院、お医者さんはさる、看護婦さんはへびです。
お医者さんは看護婦さんのからだをフラスコ代わりに薬を調合します。
看護婦さんは薬を口に含んで患者さん(きつね)の腕に噛み付いて注射をします。
へびの看護婦さんのからだで身長も測れます。
看護婦さんは内視鏡のように患者さん(ぶた)の胃に頭を入れて異物を取り出します。
そして次の患者さんは鼻詰まりのぞうさん・・・。

ここで、次がどうなるか、読めてしまった次男とわたし。
もう笑いが止まらなくなってしまいました。
予想通りの展開だったのですが、絵がまた楽しくって、絵本を読みながらこんなに笑ったことはないように思います。皆さんもぜひ!

(この記事は、以前の記録を元に07年9月24日に記事にしました。)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年10月23日 (木)

『たくあん』

今夜のおやすみ前の絵本は 

『たくあん』 かがくのとも2001年11月号
    またきけいこ/作  福音館書店 
 でした。

大根の種をまくところから始まって、
大根が大きくなり、収穫後、たくあんになるまでを描いてあります。
おひさまのエネルギーをとても感じる絵本です。
「もっこ もっこと つちをおしのけ」とか
「すっぽん すぽん ぬきました」とか音の響きも楽しいです。

おはなし会にもお薦めです。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年10月16日 (木)

『せかいのはてってどこですか?』ほか

2003年10月中旬のおやすみ前の絵本から。

『せかいのはてってどこですか?』
 アルビン・トゥレッセルト/さく ロジャー・デュボアザン/え
  三木 卓/やく 童話館出版

井戸の中が世界のすべてだと思っているカエルが、ある日世界の果てを見ようと井戸の壁を登ります・・・。

『むかし、ねずみが・・・』 インドに古くから伝わるお話より
   マーシャ・ブラウン/作 晴海耕平/訳 童話館出版

インドの行者が「大きいこと、小さいこと」について考えていると・・・。
ちょっと哲学的。
マーシャ・ブラウンの版画も渋いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年10月15日 (水)

『さつまのおいも』

2003年10月中旬のおやすみ前の絵本から。

『さつまのおいも』(ピーマン村の絵本たち)
中川 ひろたか/文 村上 康成/絵 童心社

Book さつまのおいも (絵本・ちいさななかまたち)

著者:村上 康成,中川 ひろたか
販売元:童心社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

土の中でのさつまいもの生活が楽しく描かれています。
芋掘りにきた子供たちと綱引きをして負けてしまうおいもたち。
でも、おいもたちにはこの強い「武器」があったのです。

この絵本は、後に、サツマイモの絵本という記事で紹介しています。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年10月11日 (土)

『合言葉はフリンドル!』

今日読んだ児童書、面白かっただけでなく、とても感動したのでご紹介。

『合言葉はフリンドル!』(世界の子どもライブラリー) (小学上級から)
アンドリュー=クレメンツ/作 田中 奈津子/訳 笹森 識/絵 講談社 1999年第1刷

(アフィリの対象商品ではないので、表紙の画像などはこちらから。)

次々と面白いことを思いついては実行するニック少年と、小学5年担当の国語のベテラン教師グレンジャー先生とのことばをめぐる痛快な物語。辞書を敬う先生に対抗して、ニックはある日ペンのことを「フリンドル」と呼び始める。子どもたちの間でこのことばはどんどん広がっていき・・・。

フリンドル騒動を起こしたニックを両親は信頼し見守ってくれ、ニックは幸せだし、両親も立派。
敵だと思っていたグレンジャー先生は実はアレンの行動を応援してくれていたことがラスト(ニックはすでに大学生)でわかるのだけれど、なんかすごく温かいものを感じてウルウルきてしまった。
厳しいけれど温かい、先生ってこうでなくっちゃね。
先生の気持ちを理解したニックがとった行動もまたステキ。
とっても読後感のいい本♪ 大人の方にもおすすめ。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。この本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年10月 2日 (木)

『ゆっくりがいっぱい!』

このところ、子どもは地区の祭り(この土日にあります)の太鼓の練習が夜にあったりで、なかなかおやすみ前の絵本を読むことができませんでしたが、昨夜は久々に絵本を読みました。図書館の新着本。

『ゆっくりがいっぱい!』 エリック・カール/作 くどう なおこ/訳 偕成社

ゆっくりがいっぱい! Book ゆっくりがいっぱい!

著者:エリック カール
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ゆっくり、おっとり、のんびり」が大好きなナマケモノ君のお話。
忙しい現代人へのメッセージ的な絵本かな。
色鮮やかなコラージュがとても美しいです。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年9月 | トップページ | 2003年11月 »