« 『わすれんぼ・ちびくん』 | トップページ | 『こびっちょさんのやま』 »

2003年7月24日 (木)

『およぐ』

今日は少し晴れ間がのぞきました。

今夜はこの絵本を読みました。

『およぐ』 かがくのとも傑作集
  なかのひろたか/作 福音館書店

Book およぐ (かがくのとも傑作集―わいわいあそび)

著者:なかの ひろたか
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

動物がどうやって泳いでいるのか、人間はどうして浮くのか、どうやって水への恐怖感をなくしたらよいのか、を優しく絵で解説。最後は浮かんで、前進、ばたばたばた・・・。

科学絵本としてはよく知られている絵本なのではないでしょうか。
この作者講演会を聴きに行ったとき、どうやって泳げるようになったかを友達に聞きまわって、内容を練ったといわれていました。

次男は年長のとき一応泳げるようになったのですが、一年生では再び水が恐くなって顔をつけられなくなってしまい、二年生の今年はまたなんとかもぐれるようになりました。
この絵本のように、ばたばたばたと泳げるようになるといいな。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『わすれんぼ・ちびくん』 | トップページ | 『こびっちょさんのやま』 »

絵本」カテゴリの記事

・科学の本」カテゴリの記事

・夏の絵本」カテゴリの記事

・おやすみ前の絵本(我が家の記録)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『およぐ』:

« 『わすれんぼ・ちびくん』 | トップページ | 『こびっちょさんのやま』 »