« 『ありとすいか』 | トップページ | 『グレーラビットとヘアとスキレル スケートにいく』 »

2003年7月 6日 (日)

『マリールイズ いえでする』

今日は豊橋市美術博物館で行なわれている
「卆寿記念展 佐藤忠良 70年の歩み・アトリエの中から」
を見に行ってきました。(13日までです)
月並みですが、やはり生はすばらしい!
彫刻は、大きさは小さいものから等身大より大きいものまで
ありましたが、どれも均整が取れていてごく自然で美しく、
魔法が解けたらそのまま動き出すのではないかと思えました。
素描はやはり木を描いたものにいちばん惹かれました。

いつもはすぐに「早く帰ろうよ」の次男も
今日はわりとゆっくり見ることができて、お陰でわたしもゆっくり見れました。(^。^)
彫刻は立体なので、絵などに比べて子供にもわかりやすいのかもしれませんね。

今日は2冊読みました。

『マリールイズ いえでする』
 作/N.S.カールソン 絵/J.アルエゴ、A.デューイ 
 訳/星川菜津代   童話館出版

マリールイズいえでする Book マリールイズいえでする

著者:ナタリー・サヴィッジ カールソン,ホセ アルエゴ,アリアーヌ デューイ
販売元:童話館出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

マングースの女の子、マリールイズはいたずらをして母さんに叱られ、家出。
新しい母さんを探しに、へび、あひる、かめ・・・などを訪ねますが・・・。

やっぱり母さんがいちばんというお決まりのお話ですが、
子供にはこういう話が安心できるのでしょうか、
数年前にはよく読まされていた本です。
今日は「何年ぶりかなあ、この絵本」と次男が探し出してきたのでした。

『なんげえ はなしっこ しかへがな』
  北彰介/文 太田大八/絵 銀河社

Book なんげえはなしっこしかへがな

著者:北 彰介,太田 大八
販売元:銀河社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(こちらの本は童話館の配本ではありません)

今日は少し津軽弁ぽく読めたかな??

明日は七夕ですね。
1年生のときは短冊を先生が用意してくれて
願い事を知ることができたのですが、
2年生ではそういう行事はないようで残念・・・。
給食は「七夕給食」というメニューで
「あまのがわじる」というものがあります。
どんな料理なのでしょね・・・? 

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『ありとすいか』 | トップページ | 『グレーラビットとヘアとスキレル スケートにいく』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

童話館ぶっくくらぶ配本」カテゴリの記事

・おやすみ前の絵本(我が家の記録)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『マリールイズ いえでする』:

« 『ありとすいか』 | トップページ | 『グレーラビットとヘアとスキレル スケートにいく』 »