« 五味太郎氏「情熱大陸」出演 | トップページ | 『おはなしばんざい』 »

2003年6月30日 (月)

『まいごになったおにんぎょう』

次男(2年生)はいま国語で『スイミー』を勉強しています。
音読の宿題で毎日『スイミー』を読んでくれています。
名作を毎日読んでもらえるのはなかなかいいもんです。
教科書では絵の場面が少ないのが残念ですけど。

スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし Book スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし

著者:レオ・レオニ
販売元:好学社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

さて、今夜のおやすみ前の絵本は、好きなアーディゾーニの絵だということで借りてきたこの絵本です。(『チムとゆうかんな船長さん』の作者です。)

『まいごになったおにんぎょう』岩波こどもの本
 A.アーディゾーニ/文 E.アーディゾーニ/絵
 石井桃子/訳 岩波書店

 まいごになったおにんぎょう まいごになったおにんぎょう
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

Book まいごになったおにんぎょう (岩波の子どもの本)

著者:エドワード アーディゾーニ,エーンジェルダ アーディゾーニ
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ある女の子のポケットからスーパーの冷凍庫に落っこちてしまったお人形。
どうやって冷凍庫から助け出されたのでしょう?
自分のことを考えてくれている人がいるって幸せなことですね。

お話を書いたのは、アーディゾーニの息子さんの夫人だそうです。
スーパーの冷凍庫が絵本の舞台になるなんて、思っても見ませんでした・・・。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 五味太郎氏「情熱大陸」出演 | トップページ | 『おはなしばんざい』 »

絵本」カテゴリの記事

・おやすみ前の絵本(我が家の記録)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『まいごになったおにんぎょう』:

« 五味太郎氏「情熱大陸」出演 | トップページ | 『おはなしばんざい』 »