« 『めっきらもっきらどおんどん』 | トップページ | 『ワニくんとかわいい木』 »

2003年5月13日 (火)

『みつけたものとさわったもの』

今夜のおやすみ前の絵本は
『みつけたもの と さわったもの』
  ウィルとニコラス 作 晴海耕平 訳 童話館出版 
でした。

みつけたものとさわったもの Book みつけたものとさわったもの

著者:William Lipkind,ニコラス M.
販売元:童話館出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

骨を最初に見つけた犬のナップと骨を最初に触った犬のウィンクルは、それぞれ骨は自分のものだと主張します。埒があかないので、通りすがりの人・動物に決めてもらおうとしますが・・・。

ちょっと教訓めいた話のようにも思えますが、4色使いの絵がなかなか魅力的です。

|

« 『めっきらもっきらどおんどん』 | トップページ | 『ワニくんとかわいい木』 »

絵本」カテゴリの記事

童話館ぶっくくらぶ配本」カテゴリの記事

・おやすみ前の絵本(我が家の記録)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『みつけたものとさわったもの』:

« 『めっきらもっきらどおんどん』 | トップページ | 『ワニくんとかわいい木』 »