« 『ワニのライルがやってきた』 | トップページ | 『うえへまいりまぁす』 »

2003年5月19日 (月)

『やればできるよ ランドルフ』

今夜は、童話館ぶっくくらぶから次男(小2)用に5月に届けられたこの絵本。
(でもこれは正規の配本ではなくて、春にコースごとの配本を童話館が見直すので、読みたいなと思っていたのに配本もれしてしまったものをわたしがリクエストしたものです。)

『やればできるよ ランドルフ』
エレン・コンフォード文 ローズマリー・ウエルズ絵
前田 三恵子訳  国土社

 やればできるよ ランドルフ ふくろねずみの三きょうだい やればできるよ ランドルフ ふくろねずみの三きょうだい
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

Book やればできるよランドルフ (ふくろねずみの三きょうだい)

著者:エレン・コンフォード
販売元:国土社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ふくろねずみの一家のお話です。
ふくろねずみは普通、木の枝にしっぽを巻きつけてさかさまにぶら下がって眠るのに、ランドルフはなぜかそれができません。
家族の応援のもと、何度もやってみるのですが、結果はいつも同じ。
ある日、木の汁のベトベトをしっぽにつけてやってみるとうまくできました!
でも、その木の汁が、冬が近づき、なくなってしまったのです・・・。

悪口言ってたって、けんかしてたって、ほんとはやっぱりきょうだいって大切な存在というか、ありがたいものだと思うことありますよね。
いままでできなかったことができるようになった喜び、しかも、それがきょうだいの助け(企みかな?)によってなんですから、
一家の喜びもひとしお・・・。
その喜びが伝わってくる、読後感のいい絵本です。

親としては、この本を読んで子供が苦手なことに挑戦しようという気になってくれるといいなあと調子のよいことをちょっと期待したいところですが・・・、まあ、そういうことを絵本に期待するのはやめておきましょう(苦笑)。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『ワニのライルがやってきた』 | トップページ | 『うえへまいりまぁす』 »

童話館ぶっくくらぶ配本」カテゴリの記事

・おやすみ前の絵本(我が家の記録)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『やればできるよ ランドルフ』:

« 『ワニのライルがやってきた』 | トップページ | 『うえへまいりまぁす』 »