« 『ダダダダだちょう~!』 | トップページ | 『カーニバルのおくりもの』 »

2003年5月16日 (金)

『バムとケロのそらのたび』

16日のおやすみ前の絵本は
『バムとケロのそらのたび』 島田ゆか 文渓出版  です。
図書館で新しく買いなおしてくれたので、早速借りてきました。

バムとケロのそらのたび Book バムとケロのそらのたび

著者:島田 ゆか
販売元:文溪堂
Amazon.co.jpで詳細を確認する

バムとケロのところにバムのおじいちゃんから組み立て飛行機のキットが届く。二人は飛行機を組み立てて、おじいちゃんの誕生祝に行く・・・。

お話も楽しいけれど、このシリーズは絵を細部にわたって楽しめる絵本です。
見るたびに新たな発見が・・・。
小さなこどもから大人までみんなで楽しめます。
最後のページまで読んだら、また最初に戻って「検証」を始めてしまうんですよね。
このシリーズ、お好きな方も多いと思いますが、今夜は次男だけでなく、長男も交えて大いに盛り上がりました。
ラストページにおじいちゃんの部屋にいたモグラ君がどうやってやってきたのか、長男が裏表紙で、ある事実を発見をし、やっと謎が解けたのでした・・・。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『ダダダダだちょう~!』 | トップページ | 『カーニバルのおくりもの』 »

絵本」カテゴリの記事

・見て楽しむ絵本」カテゴリの記事

・おやすみ前の絵本(我が家の記録)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『バムとケロのそらのたび』:

« 『ダダダダだちょう~!』 | トップページ | 『カーニバルのおくりもの』 »