« 2003年4月 | トップページ | 2003年6月 »

2003年5月

2003年5月30日 (金)

『ドオン!』

次男への今夜のおやすみ前の絵本はこれ。

『ドオン!』
山下洋輔・文 長新太・絵 福音館書店

ドオン! (日本傑作絵本シリーズ) Book ドオン! (日本傑作絵本シリーズ)

著者:長 新太,山下 洋輔
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いたずらもので家を追い出された人間の子こうちゃんの上に、同じくいたずらもので家を追い出されたおにの子ドンが落ちてきて、二人の太鼓での応戦が始まる。
ドンドコ ドンドン ドン!
こうちゃんのお父さんとお母さんが「こうちゃんになにするの」と
ドコドコ ドコドコ ドコンコ ドン!
そしたら「ドンちゃんになにをするんだ」とドンちゃんのお父さんとお母さんが出てきて、
ドカシャバ ドカシャバ ドカドカドカ!
人間の世界からもオニの世界からもみんなが集まってきて・・・・。

こういう絵本は特に声を出して読んでみると楽しいですね。
ジャズピアニスト・山下洋輔と画家・長新太のコラボレーション大成功ではないでしょうか。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月29日 (木)

『おばけびょうきになる』

今夜の次男へのおやすみ前の絵本はこれ。

『おばけびょうきになる』
ジャック・デュケノワ 作 おおさわあきら 訳 ほるぷ出版

 おばけびょうきになる おばけびょうきになる
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する
この頃、オバケのアンリは病気になったり、けがをしたり、さんざん。
ある日、みんなで遠足に行くと、アンリが動かなくなってしまった。
急いで病院に運んでボボ先生に手術を受けるのだけれど・・・・。

おばけがとてもかわいい。
文句なく楽しめます。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月28日 (水)

『ねずみくんのしりとり』

絵本メモ。

『ねずみくんのしりとり』ねずみくんの絵本16
   なかえよしを・作 上野紀子・絵 ポプラ社

ねずみくんのしりとり (ねずみくんの絵本) Book ねずみくんのしりとり (ねずみくんの絵本)

著者:上野 紀子,なかえ よしを
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ねずみくんシリーズのことば遊び絵本。
ねずみくんのしりとり(表紙)→りすさんのはね→ねずみくんのしりとり(中表紙)→りすさんのつみき→きりんさんのマフラー→らいおんさんのカメラ→・・・と続いていきます。
「ら・・・、ら」と次の言葉を考えているときのねずみくんの
表情がとてもかわいいです。
でも、「ねみちゃんのリボン」でねみちゃんが登場し、「んじゃあないわ わたしはあねもね」でまたしりとりが始まってしまうところがどうも納得がいかない・・・。

小学校の読み聞かせで読んだという話を聞いて借りてきたのですが、「ん」で終わったものが結構強引にまた始まって子供は納得するのかなあ??
おはなし会などで読まれたことのある方、いかがでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月27日 (火)

小学校での昼休み読み聞かせ

昨日は小学校での今年度2回目の読み聞かせでした。
前回、昼休みの教室で読んだらとても騒がしくて、大変な状況だったので、昨日はパソコン室(カーペット敷きで広い)に場所を変えてみました。そしたら、時間になっても子供が来ない! 子供たちは給食のししゃもと格闘していた(先生談)らしい。(ししゃもが苦手な子供が多いみたい。)
5分遅れで何とか1年生が20名ほど集まってくれました。

読んだ絵本は
『すてきな三にんぐみ』トミー・アンゲラー

すてきな三にんぐみ Book すてきな三にんぐみ

著者:トミー=アンゲラー,いまえ よしとも
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『かえるのひこうせん』長新太 作・絵

『いちご』平山和子

いちご (幼児絵本シリーズ) Book いちご (幼児絵本シリーズ)

著者:平山 和子
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

の3冊。

わたしは今回は読まなくてよかったので、気楽に聞いておりましたが、インパクトのある本が1冊くらい入るとよかったかなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『バルボンさんのおでかけ』

今夜は『バルボンさんのおでかけ』 ワニのバルボン1 とよたかずひこ  アリス館

バルボンさんのおでかけ (ワニのバルボン) Book バルボンさんのおでかけ (ワニのバルボン)

著者:とよた かずひこ
販売元:アリス館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

を読みました。 
かわいくてシンプルな絵本ですが、声を出して読んでみるととても楽しかった!
横で聞いている次男をのぞいてみると、とても楽しそうな顔でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月26日 (月)

『ちいさなふるいじどうしゃ』

昨夜のおやすみ前の絵本は
『ちいさなふるいじどうしゃ』
 マリー・ホール・エッツ作 たなべいすず訳 冨山房
 でした。

中表紙に自動車の部品が散乱していて、お話が暗示されています。

小さな古い自動車は、丘の上で運転手さんに待っているように言われたのに、一人で丘をかけ降り始めます。
ちょっと待ってほしいというかえる、うさぎ、あひる、うしなどを蹴散らしながらどんどん降りて行き、ついに、機関車に衝突し、空中に跳ね飛ばされます。
おちてきたのはばらばらの部品だけ。
お百姓さんは、そのガラクタを持って帰り、農場の動物たちにあげました・・・。

白黒のみの絵ですが、エッツの絵は温かみがあり好きです。
でも、この話にはちょっと後味の悪さを感じるのはわたしだけでしょか?
次男は、「ばか者だねえ、この車」と話していましたが、子供は、言うことをきかない車が空中分解してしまい、自業自得と小気味よさを感じるのかな??

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月23日 (金)

『カマキリ(やあ!出会えたね2)』

今夜読んだのは図書館の新着本から。

『カマキリ(やあ!出会えたね2)』
 今森光彦/文・写真 アリス館

カマキリ (やあ!出会えたね (2)) Book カマキリ (やあ!出会えたね (2))

著者:今森 光彦
販売元:アリス館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

初秋から晩秋までのカマキリを追った写真絵本。

ページをめくり、カマキリのつぶらな瞳(?)に見つめられてドギマギ。
昆虫の世界に迷い込んでしまったような気分。

カマキリは関節がやわらかいので、頭を回すことができるし、腰もひねって曲げられるんだそう。カマキリの動きがどことなくユーモラスに感じられるのはこのせいだったのね。

昆虫はあまり好きではないんだけれど、この方の写真にはいつも見入ってしまいます。
文章が結構あるので、自分で読むよりも読んでもらったほうが写真を映像のように楽しめていいかな。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月21日 (水)

『わにくん』

今夜の次男へのおやすみ前の絵本は
『わにくん』
ペーター=ニクル作 ビネッテ=シュレーダー絵
 やがわ すみこ訳  偕成社 
でした。

わにくん Book わにくん

著者:ペーター・ニクル
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ナイルの河岸に住むワニが、偶然耳にしたパリにあるワニの店を目指します。
舟にに乗り、汽車に乗り、やっとたどり着いたワニの店は、ワニのための店ではなく、鰐皮製品を売っている店でした。怒り狂ったワニは・・・・。

美しいけれど、ちょっと不気味な絵本です。
鰐皮製品とされてしまったワニ君たちの怒りの代弁といったところなのでしょか。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月20日 (火)

『うえへまいりまぁす』

今夜のおやすみ前の絵本はこれ。

うえへまいりまぁす (PHPわたしのえほんシリーズ) Book うえへまいりまぁす (PHPわたしのえほんシリーズ)

著者:長谷川 義史
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この絵本の内容は こちらの記事をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月19日 (月)

『やればできるよ ランドルフ』

今夜は、童話館ぶっくくらぶから次男(小2)用に5月に届けられたこの絵本。
(でもこれは正規の配本ではなくて、春にコースごとの配本を童話館が見直すので、読みたいなと思っていたのに配本もれしてしまったものをわたしがリクエストしたものです。)

『やればできるよ ランドルフ』
エレン・コンフォード文 ローズマリー・ウエルズ絵
前田 三恵子訳  国土社

 やればできるよ ランドルフ ふくろねずみの三きょうだい やればできるよ ランドルフ ふくろねずみの三きょうだい
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

Book やればできるよランドルフ (ふくろねずみの三きょうだい)

著者:エレン・コンフォード
販売元:国土社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ふくろねずみの一家のお話です。
ふくろねずみは普通、木の枝にしっぽを巻きつけてさかさまにぶら下がって眠るのに、ランドルフはなぜかそれができません。
家族の応援のもと、何度もやってみるのですが、結果はいつも同じ。
ある日、木の汁のベトベトをしっぽにつけてやってみるとうまくできました!
でも、その木の汁が、冬が近づき、なくなってしまったのです・・・。

悪口言ってたって、けんかしてたって、ほんとはやっぱりきょうだいって大切な存在というか、ありがたいものだと思うことありますよね。
いままでできなかったことができるようになった喜び、しかも、それがきょうだいの助け(企みかな?)によってなんですから、
一家の喜びもひとしお・・・。
その喜びが伝わってくる、読後感のいい絵本です。

親としては、この本を読んで子供が苦手なことに挑戦しようという気になってくれるといいなあと調子のよいことをちょっと期待したいところですが・・・、まあ、そういうことを絵本に期待するのはやめておきましょう(苦笑)。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月18日 (日)

『ワニのライルがやってきた』

今夜の次男へのおやすみ前の絵本は、
『ワニのライルがやってきた』ワニのライルのおはなし1
バーナード・ウェーバー 作 小杉佐恵子 訳 大日本図書
 でした。

ワニのライルがやってきた (ワニのライルのおはなし 1) Book ワニのライルがやってきた (ワニのライルのおはなし 1)

著者:バーナード・ウェーバー
販売元:大日本図書
Amazon.co.jpで詳細を確認する


東88番通りに引っ越してきたプリムさん一家。
2階のふろ場から奇妙な物音が聞こえます。
ふろ場のドアを開けて奥さんがそこで見たものは・・・なんとワニ!
でもこのライルというワニは芸当ができ、お手伝いもこなし、たちまちプリムさん一家となかよしに・・・。

ずいぶん前に図書館でこのシリーズの本を借りてきて読んだことはあったのだけれど、どうも1巻は読んだことがなかったような気がします。
こどものようにわくわくしながらページをめくりました。
こんなにお手伝い好きのワニならうちにもほしいくらい(笑)。
続きがどうなるのかたのしみ♪
早く2巻を借りてこよう!

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月17日 (土)

『カーニバルのおくりもの』

すっきりしないお天気が続きますね。
庭で、カンパニュラが咲き始めました・・・。

今夜のおやすみ前の絵本は、この絵本です。
『カーニバルのおくりもの』
 (世界傑作絵本シリーズ アメリカの絵本)
 レミイ・シャーリップ、バートン・サプリー作
  レミイ・シャーリップ絵 うちだ りさこ訳 福音館書店

 レミイ・シャーリップ/カーニバルのおくりもの 世界傑作絵本シリーズ レミイ・シャーリップ/カーニバルのおくりもの 世界傑作絵本シリーズ
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

   表紙の画像は福音館書店のページでご覧になれます。

シャーリップの絵本なので、楽しい絵本かなと思って図書館で借りてきたのですが、はずれ、・・・心あたたまるお話でした。

キリスト教のお祭りであるカーニバルには、子供たちはみな新しい服を着て仮面をかぶってやってきます。
でも仲間のハーレキンの家は貧乏で新しい洋服を用意することができません。
ハーレキンなしのカーニバルは考えられないと子供たちは自分の洋服を短くしたりして、はぎれをそれぞれ用意し、ハーレキンにプレゼントします。
ハーレキンはカーニバルに来ることができるでしょうか・・・?

カーニバルで踊っている人々の絵がとてもすてきです。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月16日 (金)

『バムとケロのそらのたび』

16日のおやすみ前の絵本は
『バムとケロのそらのたび』 島田ゆか 文渓出版  です。
図書館で新しく買いなおしてくれたので、早速借りてきました。

バムとケロのそらのたび Book バムとケロのそらのたび

著者:島田 ゆか
販売元:文溪堂
Amazon.co.jpで詳細を確認する

バムとケロのところにバムのおじいちゃんから組み立て飛行機のキットが届く。二人は飛行機を組み立てて、おじいちゃんの誕生祝に行く・・・。

お話も楽しいけれど、このシリーズは絵を細部にわたって楽しめる絵本です。
見るたびに新たな発見が・・・。
小さなこどもから大人までみんなで楽しめます。
最後のページまで読んだら、また最初に戻って「検証」を始めてしまうんですよね。
このシリーズ、お好きな方も多いと思いますが、今夜は次男だけでなく、長男も交えて大いに盛り上がりました。
ラストページにおじいちゃんの部屋にいたモグラ君がどうやってやってきたのか、長男が裏表紙で、ある事実を発見をし、やっと謎が解けたのでした・・・。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月15日 (木)

『ダダダダだちょう~!』

今夜のおやすみ前の絵本は
『ダダダダだちょう~!』
   等門 じん 文と絵  新風舎 
でした。

きっと世界一、爽快な絵本! 「ダダダダだちょう〜!」 きっと世界一、爽快な絵本! 「ダダダダだちょう〜!」

販売元:ボードゲームショップPattyClover
楽天市場で詳細を確認する

ダチョウがひたすらわき目も降らずに、草原を、雪山を、海の上を、店の中を・・・走ります。
それにあっけに取られている周りの様子がおかしくて読みながら子供と大笑い。
どうしてそんなにダチョウが一生懸命走っているかはラストペ-ジを読んでのお楽しみ。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月14日 (水)

『ワニくんとかわいい木』

今夜は図書館で借りてきた絵本の中から次男に読みました。
書棚の中から偶然見つけたワニの絵本。

『ワニくんとかわいい木』
みやざきひろかず 作・絵 ブックローン出版

Book ワニくんとかわいい木

著者:みやざき ひろかず
販売元:ブックローン出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

床の隙間から木の芽が出ているのを発見。
水をあげたりして世話をしていると、あっという間にどんどん大きくなって、屋根を突き抜けてしまった。一大決心をして木を切ろうとしたんだけれど、DAILY CROCODILE の「ちきゅうからみどりがきえる!」という記事を見て再び共存することに。
それから、ますます木は大きくなって・・・・。

淡い色彩のかわいいワニ君。
ワニというよりほとんど人間に見えてしまって、とても親しみがもててしまいました。
木が大きくなって、部屋の中が窮屈になっていく様子が可笑しい!
次男と思わず笑ってしまいました。

シリーズで出ているようなので、他のも借りてこようっと。
絵は大きくて背景は白で見やすいし、学校での読み聞かせによさそうです。一ページに一文という感じなので楽に読めるところも魅力・・・(笑)。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月13日 (火)

『みつけたものとさわったもの』

今夜のおやすみ前の絵本は
『みつけたもの と さわったもの』
  ウィルとニコラス 作 晴海耕平 訳 童話館出版 
でした。

みつけたものとさわったもの Book みつけたものとさわったもの

著者:William Lipkind,ニコラス M.
販売元:童話館出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

骨を最初に見つけた犬のナップと骨を最初に触った犬のウィンクルは、それぞれ骨は自分のものだと主張します。埒があかないので、通りすがりの人・動物に決めてもらおうとしますが・・・。

ちょっと教訓めいた話のようにも思えますが、4色使いの絵がなかなか魅力的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月12日 (月)

『めっきらもっきらどおんどん』

今夜のおやすみ前の絵本は
『めっきらもっきらどおんどん』(こどものとも傑作集)
長谷川 摂子作 ふりや なな画 福音館書店
   でした。

めっきらもっきらどおんどん (こどものとも傑作集) Book めっきらもっきらどおんどん (こどものとも傑作集)

著者:ふりや なな,長谷川 摂子
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月11日 (日)

『もっちゃう もっちゃう もう もっちゃう』

今夜の次男が選んだおやすみ前の絵本は、この本。

『もっちゃう もっちゃう もう もっちゃう』
 土屋富士夫 作・絵  徳間書店

もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう Book もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう

著者:土屋 富士夫
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もれそうでデパートのトイレに駆け込もうとしたひでくん。
でも、最初に行ったトイレは工事中で、上の階へ行こうとエレベーターに乗ったら屋上まで行ってしまい、次に案内されたのはキリン用のトイレで背が足りないし、こうもり用、がいこつ用・・・とまともなトイレにたどり着けません。
なーんだ、夢だったのかと家のトイレですっきりしたはずの
ひでくんだったのですが・・・。

表紙から中表紙、本文と、ずっと緊急事態のひでくんの様子におかしさと親しみを感じてしまいます。
なかなか楽しい絵本ですので、ぜひ一度お読みくださいね。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月10日 (土)

『ライオンのめがね』

10日のおやすみ前の絵本として、
次男はさんざん悩んでこの絵本を選びました。

『ライオンのめがね』  
熊田千佳慕(ちかぼ) 神奈川新聞社 1998年

 シャルル・ヴィルドラック/ライオンのめがね Kumachika Little Book シャルル・ヴィルドラック/ライオンのめがね Kumachika Little Book
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する
動物の国の王様ライオンがめがねを無くしたというので、動物たちは大騒ぎ。結局めがねは、身近なところから出てきたのですが・・・。

1966年大日本雄弁会講談社刊の絵本を再編集したものです。
数年前に「熊田千佳慕の世界展」を見に行ったとき、この原画を見て「みたことがある!」と子供の頃の記憶がよみがえり、自分でも驚きました。25年ぶりくらいの絵本との再会だったのですから。

熊田千佳慕さんは『ファーブル昆虫記』をライフワークとされている生物画家(1911年生まれ)です。
その絵の緻密なことといったら、本当に見事です。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月 8日 (木)

『そんなとき なんていう?』

今夜の次男のおやすみ前の絵本ですが、昨日読んだ『はらぺこわに と きのいいかえる』を、再び読みました。
なんか気にいったみたい・・・。

はらぺこわにときのいいかえる Book はらぺこわにときのいいかえる

著者:ディディエ・レヴィ,コラリ・ガリブール,いしづ ちひろ
販売元:BL出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ワニの絵本ですが、
『そんなとき なんていう?』
セシル・ジョスリン 文 モーリス・センダック 絵
谷川俊太郎 訳     岩波書店

にも、ワニが出てくる場面がありましたね。

そんなときなんていう? (岩波の子どもの本) Book そんなときなんていう? (岩波の子どもの本)

著者:セシル・ジョスリン,モーリス・センダック,たにかわ しゅんたろう,Maurice Sendak
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「あなたは買い物をしに町へ出る。
時々そうしたくなるので、後ろ向きに歩いていると、わににぶつかる。
そんなとき なんていう?」
「すみません。」

日常のあいさつを扱った絵本なんですが、それぞれの場面設定がとても愉快!
これなら、楽しくあいさつも覚えられそう。
ぜひ、親子で楽しんでみてください。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月 7日 (水)

『こんにちワニ』『はらぺこわにときのいいかえる』

今朝、雨戸を開けるとみかんの花のほのかに甘い香りがしました。
近くのみかん畑で、花が咲き始めたようです。
みかんの花ってご存知ですか?
白い小さな小さな花なんですよ。
これから一週間ほど外に出ればみかんの花の香りに包まれます・・・。

今夜は短い絵本を2冊読みました。

『こんにちワニ』 わははは!ことばあそびブック
中川ひろたか 文 村上康成 絵 PHP研究所

こんにちワニ (わははは!ことばあそびブック) Book こんにちワニ (わははは!ことばあそびブック)

著者:村上 康成,中川 ひろたか
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あっという間に読めちゃうことば遊び絵本。でも楽しい!
思わず笑ってしまったのが
左ページ「いないいない」右ページ「ばあちゃん」
左「だるまさんがころん」右「だんご」
左「メリー」右「クリようかん」 など。
次男は、左「じゃんけんぽんず」右「あいこでしょうゆ」
が気に入ったようです。
でもこの面白さは絵がないとわからないでしょね・・。
ぜひご一読くださいませ。 

『はらぺこわに と きのいいかえる』
ディディエ・レヴィ 文 コラリ・ガブリエール 絵
いしづちひろ 訳    BL出版

はらぺこわにときのいいかえる はらぺこわにときのいいかえる

著者:ディディエ・レヴィ,コラリ・ガリブール,いしづ ちひろ
販売元:BL出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

動物園を脱走してきたばかりのはらぺこワニ・モモと冒険好きの気のいいカエル・アルチュールが、ばったり出合った。
モモはアルチュールにアフリカに連れて行ってくれるように頼み、奇妙な二人の気球の旅が始まる・・・。

あなたがかえるだったら、はらぺこわにを信じることができますか?
あなたがワニだったら、気のいいかえるを食べてしまいますか?

二人の駆け引き、心の葛藤が、ユーモラスな絵で楽しめます。

偶然今夜はワニが出てくる絵本を2冊読んでしまいました。
ワニってめったに見ない動物のわりには、絵本にはよく登場するように思います。
『ぼくはワニのクロッカス』とか『コーネリアス』とか、『ルラルさんのにわ』など・・・。
他にはどんなのがあったでしょうか・・・??

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月 6日 (火)

『どうぶつ句会』/『おとうさんはウルトラマン おとうさんの休日』

今日は立夏。暦の上ではもう夏だそうで・・・・。

ですが、次男がお休み前に選んだのは
『どうぶつ句会』 あべ弘士 学研   から「冬のまき」

雪積もる、雪野袋さんの家での句会です。

どうぶつ句会 Book どうぶつ句会

著者:あべ 弘士
販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

動物が句会を行うという趣向の絵本。
出席者は、
雪野袋(アラスカ生まれのシロフクロウ)
鳩野ポッポ(伊豆半島生まれの鳩)
北風コンザブロー(北海道生まれのキツネ)
大耳はな(タンザニア生まれのゾウ)
河うそ雄(岩手県生まれのカワウソ)
ハーリー・トゲマル(ロンドン生まれのハリネズミ)
の面々。俳句歴も30年から3ヶ月まで幅があるけれど、
和やかな雰囲気の句会です。四季折々の絵も楽しいです。

動物で句会をするという発想がさすがあべさんですよね。
俳句も駄作から、なかなかと思えるものまで・・。
俳句が子供にも身近に感じられるのではないでしょうか。
後ろの見返しにそれぞれのプロフィールがかかれていて、これを読むのもまた楽しいです。

また、今日、次男がとても楽しそうに声を出して読んでいたのが、
『おとうさんはウルトラマン おとうさんの休日』 宮西達也 学研 です。

おとうさんはウルトラマン―おとうさんの休日 Book おとうさんはウルトラマン―おとうさんの休日

著者:みやにし たつや
販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

国語の教科書を音読する宿題だと、「おにいちゃんがいるから恥ずかしくて読めない」とかいっているくせに自分が読んで面白くてたまらない本は、(部分的にのことが多いですが)大きな声で読んで家人に聞かせてくれるんです(笑)。

『おとうさんはウルトラマン』のシリーズの本は、味があっていいですよねえ。
ウルトラマン世代のお父さんたちには、たまらない応援歌ともいえる絵本なのでは・・・。
こどもたちにも大人気のようで、図書館の本はボロボロです・・・。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月 4日 (日)

『おおきなおなべ と ちいさなおなべ』

今夜は帰宅が遅くなったので、短い目の絵本ということで、次男が選んだ絵本はこれです。

『おおきなおなべ と ちいさなおなべ』
かがくのとも2001年8月号 
二宮由紀子 ぶん 石倉ヒロユキ え  福音館書店

大きなおなべは、たくさん水が入るかわり、いっぱいになるまで時間がかかる。
小さなおなべは、水は少ししか入らないけれど、すぐにお湯になる。
そんなことが、大きなおなべと小さなおなべのちょっとけんか腰の会話から小さな子供にもわかるように、描かれています。
絵がとてもかわいくて親しみがもてます。
最後には、さやいんげんとトマトとツナのスパゲティが出来上がり。
おいしそう♪

低学年向けの読み聞かせの会でも読んでみようかなと思っているのですが、いかがでしょう・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月 3日 (土)

『てんのくぎをうちにいったはりっこ』

今夜も図書館で借りてきた本から次男に読みました。

『てんのくぎをうちにいったはりっこ』
かんざわとしこ 作 ほりうちせいいち 絵 福音館書店

てんのくぎをうちにいったはりっこ (こどものとも傑作集) Book てんのくぎをうちにいったはりっこ (こどものとも傑作集)

著者:ほりうち せいいち,かんざわ としこ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昔々、大空がまたおなべを伏せたように頭の上にかかっていた頃のこと、天の丸天井を支えていたのは、大きなピカピカ光るくぎだった。
ある晩、そのくぎが緩んで天が落ちてきそうになった。
誰かがくぎを打ちに行かなくては。
名乗り出たのは、小さなはりっこ。ひいひいじいさまのかたみのハンマーを持って、出かけていったのだった・・・。

堀内誠一さんの勢いのある絵に惚れ惚れとしてしまいました。
ちょっとドキドキして、ハッピーエンドのお話はとても子供が喜びそうです。

同時に『こかげにごろり』韓国・朝鮮の昔話 も図書館で借りてきました。こちらは、一人で読んで楽しみました。昔話って、ほんとに面白くって好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月 2日 (金)

『コブタくんとコヤギさんのおはなし』

今夜読んだのは、図書館の新着本から。

『コブタくんとコヤギさんのおはなし』世界傑作童話シリーズ ヴァーツラフ・チトゥヴルテック 作 関沢明子 訳 にしむらあつこ 絵  福音館書店 から
「春がきた」を読みました。

コブタくんとコヤギさんのおはなし (世界傑作童話シリーズ) Book コブタくんとコヤギさんのおはなし (世界傑作童話シリーズ)

著者:にしむら あつこ,ヴァーツラフ チトゥヴルテック
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

白い小さな家に住むコブタくんとコヤギさんのおはなしです。
作者はチェコで最も読まれている作家の一人だそうです。
ほのぼのとしていて、大人でもくすっと笑ってしまうちょっとかわいいお話が6話。小さい子どもさんのほうが楽しめるかもしれませんね。(本には4歳からとあります。)

にしむらあつこさんの挿絵がとてもかわいく、とてもいいです。(『・・・のホネホネさん』の方です)

昼間、庭でトカゲを見かけました。
庭で咲いている花を生けようと思ったのですが、
アリやら小さな虫がいっぱいで断念しました・・・・。
小さな生き物にも待ち遠しかった春なのでしょうね。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した絵本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年5月 1日 (木)

『おかしいな おかしいね』

明日はこどもたちは遠足です。お弁当作らねば・・・。

今日も就寝時間が過ぎてしまったので、とても短い絵本を選んだ次男です。

『おかしいな おかしいね』 こどものとも年少版1996年8月号 得田之久 福音館書店

「かみきりむしがスカートはいてる」
ページをめくると、反対側からの絵を描いて「なあんだ はなのうえにのってたんだ」と種明かし。
自然の中で偶然できた不思議を次々と描いてあります。
作者は昆虫の絵本をたくさん描いている方のようですが、これはハードカバーでは出版されていないようで残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年4月 | トップページ | 2003年6月 »