« 『きょうはなんてうんがいいんだろう』  | トップページ | 『ジャリおじさん』 »

2003年4月21日 (月)

『きんいろのしか』

今夜は次男は久々にシブイ絵本を選びました。

『きんいろのしか』 バングラデシュの昔話
 ジャラール・アーメド 案 石井桃子 再話 秋野不矩 画 福音館書店

きんいろのしか  /J.アーメド 案 石井 桃子 再話 [本] きんいろのしか /J.アーメド 案 石井 桃子 再話 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する
金が何より好きな王様が狩りに出て、金色の鹿を見かける。
その鹿が踊るとそのあしあとが金の砂になってあたりに飛び散るのだ。
王様の命令で、やがてその鹿は捕まえられるのだけれど・・・。

石井桃子さんの日本語がとても美しいです。
そして、日本画家・秋野不矩(あきの・ふく)の絵もとてもすばらしいです。
数年前にこの絵本の原画を見たのですが、それはそれはすてきでした。
昨秋この絵本が復刊となったので、即購入しました。
原画には及ばないけれど、とても贅沢な一冊だと思います。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『きょうはなんてうんがいいんだろう』  | トップページ | 『ジャリおじさん』 »

絵本」カテゴリの記事

・昔話」カテゴリの記事

・おすすめ絵本」カテゴリの記事

・おやすみ前の絵本(我が家の記録)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『きんいろのしか』:

« 『きょうはなんてうんがいいんだろう』  | トップページ | 『ジャリおじさん』 »