« 『やってきました ちんどんつばめや』 | トップページ | 『きつね森の山男』 »

2003年4月29日 (火)

『みんなおなじ でも みんなちがう』

今日も寝る支度が遅くなってしまったので、短めの本をということで、次男が選んだのはこの写真絵本です。 

『みんなおなじ でも みんなちがう』かがくのとも 2002年1月号
 奥井一満・文 得能通弘・写真 小西啓介・AD 福音館書店

どきどきしぜん みんなおなじでもみんなちがう (かがくのとも傑作集) Book どきどきしぜん みんなおなじでもみんなちがう (かがくのとも傑作集)

著者:得能 通弘,小西 啓介,奥井 一満
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アサリ、ヒマワリの種、ショウガ、カタツムリ、モミジの葉などそれぞれの写真がページいっぱいに広がっています。
同じ種なんだけれど、ひとつとして同じものはありません。
こんなに生き物には個性があったなんて、ちょっと感動してしまいます。
読むというよりも見て楽しむ絵本です。
一度図書館などで手にとって見てください。

毎日次男が寝る前に読む絵本を選ぶのですが、いろんな絵本を選ぶのが面白いですね。
しばらく読んでいない絵本との思わぬ再会。
久しぶりに読んでみるとまた新鮮でよいですね。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『やってきました ちんどんつばめや』 | トップページ | 『きつね森の山男』 »

・大人にもお薦めの絵本」カテゴリの記事

・おやすみ前の絵本(我が家の記録)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『みんなおなじ でも みんなちがう』:

« 『やってきました ちんどんつばめや』 | トップページ | 『きつね森の山男』 »