« 今週のおやすみ前の絵本 | トップページ | 『ウィリーとともだち』 »

2003年4月13日 (日)

『ハーキン 谷へおりたきつね』ほか

『ハーキン 谷へおりたきつね』
ジョン・バーニンガム 作 あきのしょういちろう 訳 童話館出版
 

ハーキン―谷へおりたきつね Book ハーキン―谷へおりたきつね

著者:ジョン バーニンガム
販売元:童話館出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

童話館ぶっくくらぶから4月の配本として次男(2年生)に届いた本。
2003年5月10日第1刷発行なので、書店ではまだ売ってないかな。
ぶっくくらぶ会員として一足お先に手にしました。

安全な山の暮らしにあきあきしていたきつねのハーキンは、親ぎつねの目を盗んで、谷へ遊びに行くのが夜中の日課。が、ついに見つかってきつね狩りが行なわれることに。ハーキンは知恵と勇気で狩人をやっつけてしまいます・・・。
 
次男曰く、こういうお話って普通にありそうで面白いと・・・。
まだ絵本の世界を現実の世界としても楽しんでいるようです。
絵本にしてはわりとおとなびた表現が度々出てきます。
「~しかねないからです」「よもやわすれたわけではあるまい」とか。
でも、声に出して読んでみると耳に心地よいんですよ。
こどもはいつのまにかこういう難しい言葉も使えるようになっていて、びっくりすることがありますね。

童話館ぶっくくらぶに関しても興味のある方は
童話館のHPでご覧くださいね。
こういう配本のシステムは、プロの目で選ばれた絵本という確かさと、家にある絵本が親の好みで偏らないところが最大の長所だと思います。

それから、ロジャンコフスキーの絵本復刊2冊目 4月20日発売です!
『りすのパナシ』
文/リダ・フォシェ
絵/フェドール・ロジャンコフスキー 
訳・編/いしい ももこ  童話館出版

りすのパナシ Book りすのパナシ

著者:リダ フォシェ
販売元:童話館出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1作目の『野うさぎのフルー』で、ロジャンコフスキーの絵にすっかり惚れてしまいました。来月の配本といっしょに『りすのパナシ』を送ってもらおうと思っています。

野うさぎのフルー Book 野うさぎのフルー

著者:リダ フォシェ
販売元:童話館出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 今週のおやすみ前の絵本 | トップページ | 『ウィリーとともだち』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

童話館ぶっくくらぶ配本」カテゴリの記事

・おやすみ前の絵本(我が家の記録)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ハーキン 谷へおりたきつね』ほか:

« 今週のおやすみ前の絵本 | トップページ | 『ウィリーとともだち』 »