« 『ふしぎなたけのこ』 | トップページ | 『きんいろのしか』 »

2003年4月20日 (日)

『きょうはなんてうんがいいんだろう』 

次男への今夜のおやすみ前の絵本はこれ。

『きょうはなんてうんがいいんだろう』 宮西達也 すずき出版

きょうはなんてうんがいいんだろう (ひまわりえほんシリーズ) Book きょうはなんてうんがいいんだろう (ひまわりえほんシリーズ)

著者:宮西 達也
販売元:鈴木出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オオカミのウルがおひるねもりに行くとたくさんの子豚がお昼寝中。「なんてうんがいいんだろう」と、友達を誘いにと次々と友達の家を訪ねます。でも、どこでも運良くご馳走になるもんだから、肝心の用件を忘れ・・・・。(運が本当によかったのは誰?)
こういうオチのある話はうちの子供たちは大好きです。

この絵本自体はグッドだったのですが、図書館で借りてきたもので、読んでいる途中で手がべたべたしてきました。不快。お菓子などをたべながら読んだ人がいるんでしょうね。
公共の本なのだから、子供にもマナーは教えてほしいもんです。読んでいる途中で落書きが出てくる絵本もイヤですね。小さい子どもだって繰り返し教えればわかるはず・・・。
それが無理なら親の目が行き届かないところに図書館の本は置かないとか気をつけてほしい・・・です。

愚痴ついでに言えば、子供が本を踏んづけていても平気な人がいるんだけれど、わたしはこれにも結構抵抗があります。皆さんはいかがでしょうか?

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

|

« 『ふしぎなたけのこ』 | トップページ | 『きんいろのしか』 »

絵本」カテゴリの記事

・おやすみ前の絵本(我が家の記録)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『きょうはなんてうんがいいんだろう』 :

« 『ふしぎなたけのこ』 | トップページ | 『きんいろのしか』 »