« 2002年11月 | トップページ | 2003年5月 »

2003年4月

2003年4月30日 (水)

『きつね森の山男』

今夜も次男はかなり悩んだ末に、この絵本を選びました。

『きつね森の山男』 馬場のぼる こぐま社

きつね森の山男 Book きつね森の山男

著者:馬場 のぼる
販売元:こぐま社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

さむがりんぼの殿様はきつねの毛皮がほしくてたまりません。おおぜい兵隊を引き連れて、きつね森へ。が、きつねを好きな山男に阻まれて、やむなく退却。悔しかった殿様は、みそを買いに町へ降りてきた山男を捕まえて、雪の降るお城の庭へ一晩置き去りにします。でも、毎日ふろふき大根を食べている山男は全然平気。お城でふろふき大根のクッキング講習をはじめます。できたてのふろふき大根を食べた殿様の体はたちまち温まり…。翌年の秋、お城の庭は一面の大根畑。殿様の毛皮の夢はふろふき大根におっぱらわれ、どこかへ消えてしまったのでした・・・。(bk1へずいぶん前に投稿した書評から)

久々に読んだのですが、読んでいてとても楽しかったです。
馬場のぼるさんの絵本は、読後ほのぼのとするものが多く、好きです。
この絵本はふろふき大根が出てくるので、冬の絵本というイメージがあるのですが、季節に関係なく、また読むこととしましょう。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年4月29日 (火)

『みんなおなじ でも みんなちがう』

今日も寝る支度が遅くなってしまったので、短めの本をということで、次男が選んだのはこの写真絵本です。 

『みんなおなじ でも みんなちがう』かがくのとも 2002年1月号
 奥井一満・文 得能通弘・写真 小西啓介・AD 福音館書店

どきどきしぜん みんなおなじでもみんなちがう (かがくのとも傑作集) Book どきどきしぜん みんなおなじでもみんなちがう (かがくのとも傑作集)

著者:得能 通弘,小西 啓介,奥井 一満
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アサリ、ヒマワリの種、ショウガ、カタツムリ、モミジの葉などそれぞれの写真がページいっぱいに広がっています。
同じ種なんだけれど、ひとつとして同じものはありません。
こんなに生き物には個性があったなんて、ちょっと感動してしまいます。
読むというよりも見て楽しむ絵本です。
一度図書館などで手にとって見てください。

毎日次男が寝る前に読む絵本を選ぶのですが、いろんな絵本を選ぶのが面白いですね。
しばらく読んでいない絵本との思わぬ再会。
久しぶりに読んでみるとまた新鮮でよいですね。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年4月28日 (月)

『やってきました ちんどんつばめや』

今朝、家の中から庭をふと見ると、なんと、そこにはキジ(雄)がいたのです!
うちの庭を通過し、隣の庭へ。
そして、しばらくして、みかん畑のほうへ飛び去りました。
春になってから、キジの鳴き声はよく聞こえるのですが、
姿を見ることは稀で、1年に1回くらいでしょうか・・・。
動物園で飼育されているような鳥が、庭にいて、ドキドキしました。

ウグイスの鳴き声もよく聞こえますよ。
(姿を見かけることはありませんが・・・。)
のどかなめーべるの住まいでございます・・・。あー、都会が恋しい!

今夜のおやすみ前の絵本ですが、次男はさんざん悩んでこの本を選びました。

『やってきました ちんどんつばめや』 かがくのとも2001年9月号  秋山とも子 作  福音館書店

ちんどん屋さんの一日を丁寧な絵で描いた絵本です。
朝、親方の家で化粧をし、衣装に着替え、その格好で電車に乗り、目的のお店へ。楽器を組み立て、チラシを折って、いよいよちんどん屋さんの仕事の始まりです。ちんどん屋さんに出会った町の人たちの嬉しそうな表情がいいです。
町の様子が隅々まで楽しめます。一度ちんどん屋さんに出会ってみたいなあ。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年4月27日 (日)

『チキチキチキチキ いそいでいそいで』

GWといっても、また明日は学校。いつもより少し早めに寝た次男です。

今夜次男が選んだのはこの絵本。

『チキチキチキチキ いそいでいそいで』
  角野栄子 文 荒井良二 絵 あかね書房

チキチキチキチキいそいでいそいで (あかね創作えほん) Book チキチキチキチキいそいでいそいで (あかね創作えほん)

著者:荒井 良二,角野 栄子
販売元:あかね書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

コウくんが物置で見つけた古い腕時計がコッチリポッチリ動き始めました。
ところが、翌朝はチキチキチキチキと速い音で動いています。
それにあわせて、コウくんも、お母さんも、お父さんも、近所の人たちも、みんなみんな、チキチキチキチキ大急ぎ。
学校もあっという間に終わってしまいます。
大急ぎで寝る支度をして布団に入ると、「あれっ」。
まだおひさまは空の上。
「一日があまっちゃった」と、みんなのんびり夜になるまで遊びました・・・。
 
荒井良二さんの絵がとっても楽しいです。
急いで時間が余った分、のんびり遊ぶというお話もとても好きです。
「チキチキチキチキ いそいでいそいで」というフレーズは次男のお気に入り。そして、いつもお母さんが「コウくん、いそいで、パンにすわって、いすをたべなさい」で大笑い。
長男もこの絵本は大好きで、わが家のお気に入りの一冊です。

こどもにはついつい言ってしまう「はやくしなさい」ですが、急いだ後に、この絵本のようにのんびりできるといいですよねえ。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年4月26日 (土)

『ルピナスさん』

今夜次男は、数ヶ月本棚に入りっぱなしだったこの絵本を選びました。

『ルピナスさん  ―小さなおばあさんのお話―』
 バーバラ・クーニー 作  かけがわやすこ 訳 ほるぷ出版

ルピナスさん―小さなおばあさんのお話 Book ルピナスさん―小さなおばあさんのお話

著者:バーバラ クーニー
販売元:ほるぷ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おじいさんに子供の頃言われた、大きくなったら世の中を美しくするために何かをしてほしいという言葉を胸にしまったままおばあさんになったミス・ランフィアス。ある日、ひらめきます。
村中にルピナスの種をまき、村中をルピナスの花であふれさせ、おじいさんとの約束を果たすのです。

クーニーの繊細で美しい絵。久々に読んだので、なおのこと・・・。
ページをめくる度にはっとするほどでした。
小さい子どもより、むしろ、大人の(女性の)心に響く絵本かなと思います。
中高生にもぜひ読んでほしい絵本です。

(童話館ぶっくくらぶでは長男が7歳前後に配本されました。)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年4月25日 (金)

『コーネリアス』

今夜は次男(2年生)はさんざん悩んでこの本を選びました。

『コーネリアス』 たってあるいたわにのはなし
 レオ・レオニ 谷川俊太郎 訳 好学社

コーネリアス―たってあるいた わにの はなし Book コーネリアス―たってあるいた わにの はなし

著者:レオ=レオニ,谷川 俊太郎
販売元:好学社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

卵から帰ったとたんに歩き出した風変わりなワニのコーネリアス。
立つと他のワニが見えないものまで見えるんだよね。
立つことに無関心を装っていたワニもやがて・・・・。

卵からかえったとたんに歩けるなんてワニの突然変異だねと次男。
でも、レオ・レオニの絵本は結構好きみたいです。

ちょっと哲学的なレオ・レオニの絵本。子供は子供なりに、大人は大人なりに楽しめるのではないでしょうか。

この絵本はフロッタージュと切り紙という手法で作られているそうですが、草木や土、水などがうまく表されていて、さすがだなあと思います。

(次男が7歳半頃、童話館ぶっくくらぶから配本された絵本です。)

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年4月24日 (木)

『どうぶつ句会』から「秋のまき」

今日、無事家庭訪問が終わりました。これでわたしの春の行事も一段落。

庭ではシランが花盛り。ほったらかしなのに毎年増えながら家庭訪問の頃に咲くけなげな花。今日は玄関に生けてみました。

今夜の次男のおやすみ前の絵本は、昨日の続き(寝支度が遅れたので短く済ませました)、『どうぶつ句会』の「秋のまき」。

どうぶつ句会 Book どうぶつ句会

著者:あべ 弘士
販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


みみずく温泉で、露天風呂につかりながらの句会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年4月23日 (水)

『どうぶつ句会』から「春のまき」「夏のまき」

今日は図書館の新着本の中から。発行日は昨日の日付。

『どうぶつ句会』 あべ弘士 学研 の中から今夜は「春のまき」「夏のまき」を読みました。

どうぶつ句会 Book どうぶつ句会

著者:あべ 弘士
販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

動物が句会を行うという趣向の絵本。
出席者は、雪野袋(アラスカ生まれのシロフクロウ)、鳩野ポッポ(伊豆半島生まれの鳩)、北風コンザブロー(北海道生まれのキツネ)、大耳はな(タンザニア生まれのゾウ)、河うそ雄(岩手県生まれのカワウソ)、ハーリー・トゲマル(ロンドン生まれのハリネズミ)の面々。俳句歴も30年から3ヶ月まで幅があるけれど、和やかな雰囲気の句会です。四季折々の絵も楽しいです。

動物で句会をするという発想がさすがあべさんですよね。俳句も駄作から、なかなかと思えるものまで・・。俳句が子供にも身近に感じられるのではないでしょうか。後ろの見返しにそれぞれのプロフィールがかかれていて、これを読むのもまた楽しいです。なかなか楽しい絵本に出会えたなあとちょっといい気分。書店などで見かけたらぜひ手にとって読んでみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年4月22日 (火)

『ジャリおじさん』

このところ寒さがぶり返していますが、
庭の隅では、今日、あやめとひらどつつじが咲き始めました・・・。

今夜次男が選んだのは
『ジャリおじさん』(日本傑作絵本シリーズ)
 おおたけしんろう 福音館書店 

ジャリおじさん (日本傑作絵本シリーズ) Book ジャリおじさん (日本傑作絵本シリーズ)

著者:大竹 伸朗
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

鼻の頭にひげのあるジャリおじさんはいつも海を見て暮らしていました。
ある日、クルリと後ろを振り向くと、ずうっと黄色い道が続いているではありませんか。ジャリおじさんはこうもりがさを持つと黄色い道を歩き出しました。・・・で始まるなんとも不思議な世界です。

我が家にあるのは「こどものとも年中向き」1993年8月号です。
1年程前ブックオフで100円で買いました。
折り込み付録「絵本のたのしみ」まで付いていたのが嬉しかった。
でも、子供が大きくなってから出会った本なので、繰り返し読むこともなく、わたしはこのジャリおじさんの不思議な世界にいまひとつ馴染んでないなあという所です。
絵はわりと好きですけれど。皆さんはいかがですか?

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年4月21日 (月)

『きんいろのしか』

今夜は次男は久々にシブイ絵本を選びました。

『きんいろのしか』 バングラデシュの昔話
 ジャラール・アーメド 案 石井桃子 再話 秋野不矩 画 福音館書店

きんいろのしか  /J.アーメド 案 石井 桃子 再話 [本] きんいろのしか /J.アーメド 案 石井 桃子 再話 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する
金が何より好きな王様が狩りに出て、金色の鹿を見かける。
その鹿が踊るとそのあしあとが金の砂になってあたりに飛び散るのだ。
王様の命令で、やがてその鹿は捕まえられるのだけれど・・・。

石井桃子さんの日本語がとても美しいです。
そして、日本画家・秋野不矩(あきの・ふく)の絵もとてもすばらしいです。
数年前にこの絵本の原画を見たのですが、それはそれはすてきでした。
昨秋この絵本が復刊となったので、即購入しました。
原画には及ばないけれど、とても贅沢な一冊だと思います。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年4月20日 (日)

『きょうはなんてうんがいいんだろう』 

次男への今夜のおやすみ前の絵本はこれ。

『きょうはなんてうんがいいんだろう』 宮西達也 すずき出版

きょうはなんてうんがいいんだろう (ひまわりえほんシリーズ) Book きょうはなんてうんがいいんだろう (ひまわりえほんシリーズ)

著者:宮西 達也
販売元:鈴木出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オオカミのウルがおひるねもりに行くとたくさんの子豚がお昼寝中。「なんてうんがいいんだろう」と、友達を誘いにと次々と友達の家を訪ねます。でも、どこでも運良くご馳走になるもんだから、肝心の用件を忘れ・・・・。(運が本当によかったのは誰?)
こういうオチのある話はうちの子供たちは大好きです。

この絵本自体はグッドだったのですが、図書館で借りてきたもので、読んでいる途中で手がべたべたしてきました。不快。お菓子などをたべながら読んだ人がいるんでしょうね。
公共の本なのだから、子供にもマナーは教えてほしいもんです。読んでいる途中で落書きが出てくる絵本もイヤですね。小さい子どもだって繰り返し教えればわかるはず・・・。
それが無理なら親の目が行き届かないところに図書館の本は置かないとか気をつけてほしい・・・です。

愚痴ついでに言えば、子供が本を踏んづけていても平気な人がいるんだけれど、わたしはこれにも結構抵抗があります。皆さんはいかがでしょうか?

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年4月19日 (土)

『ふしぎなたけのこ』

今夜の次男へのおやすみ前の絵本はこれ。

『ふしぎなたけのこ』こどものとも傑作集
 松野正子 作 瀬川康男 絵 福音館書店

ふしぎなたけのこ (こどものとも傑作集 (30)) Book ふしぎなたけのこ (こどものとも傑作集 (30))

著者:松野 正子,瀬川 康男
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今の季節にぴったりの絵本。
たけのこを取りに来たたろが上着をひょいとかけたたけのこが、ぐんぐん伸び始めたから、さあ大変!(続きは読んでのお楽しみ)

少し前にブックオフで100円で手に入れた絵本です。
なんと1976年の印刷なんですが、絵本は全然傷んでなくて少ししみがあるくらい。ほんとにいい買い物をしました(笑)。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年4月18日 (金)

『ともだち ひきとりや』

今夜次男が選んだ本はコレ。

『ともだち ひきとりや』 
 内田麟太郎 作 降矢なな 絵 偕成社

ともだちひきとりや (「おれたち、ともだち!」絵本) Book ともだちひきとりや (「おれたち、ともだち!」絵本)

著者:降矢 なな,内田 麟太郎
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

仲たがいしたイノシシとイタチを仲直りさせようとキツネとオオカミが一計を案じ、ともだちひきとりやを始めます・・・。

重い重いイノシシを担いでへとへとになっているキツネとオオカミの表情にいつも読みながら笑ってしまいます。もちろん次男には大受けです。

お話はもちろん、絵本からはみ出そうな勢いのある降矢さんの絵がとても好きです。
この「おれたち、ともだち!」のシリーズの絵本( 『ともだちや』『ともだちくるかな』『あしたもともだち』『ごめんねともだち』) は、どれも楽しくおすすめです! 

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年4月16日 (水)

『でんしゃがくるよ!』 『あくび』

今日は暑かったですねえ・・・。
昨夜は次男が自分で読むからいいと久々におやすみ前の絵本読みを断られました。楽なんだけれど、ちょっと物足りなかったりして・・・。
で、今夜はこの本を読みました。

『でんしゃがくるよ!』 シャーロット・ヴォーク 作 
 竹下文子 訳  偕成社

でんしゃがくるよ!  /シャーロット・ヴォーク/作 竹下文子/訳 [本] でんしゃがくるよ! /シャーロット・ヴォーク/作 竹下文子/訳 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

細い橋の下には線路がある。ぼくとおねえちゃんとおとうさんは、土曜日になると、そこで電車が来るのを今か今かと待ってるんだ・・・。

図書館で見かけ、どこかでオススメの書名のような気がするなあと借りてきたのですが、次男の感性にはいまいち合わなかったようで・・・。

今日、長男・次男が大笑いしながら読んでいたのが『あくび』 中川ひろたか 文 飯野和好 絵 文溪堂 です。

あくび Book あくび

著者:飯野 和好,中川 ひろたか
販売元:文溪堂
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もう、見事なあくびなんです。かば、きりん、ぞう、さる・・・と次々にあくびが伝染していき、でも、なんといってもパパとママのあくびが圧巻です!
ぜひぜひ読んでみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年4月15日 (火)

『ねぎぼうずのあさたろう その4』

『ねぎぼうずのあさたろう その4』 飯野和好 作 福音館書店

ねぎぼうずのあさたろう〈その4〉火の玉・おてつのあだうち (日本傑作絵本シリーズ) Book ねぎぼうずのあさたろう〈その4〉火の玉・おてつのあだうち (日本傑作絵本シリーズ)

著者:飯野 和好
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

図書館の新着本から借りてきました。

黒柳徹子さんそっくりのたまねぎ頭の「おてつ」さんが描かれていて、びっくりしました~。

このシリーズ、嫌いではないのですが、浪曲風に読むのが難しくて、なかなか絵本を味わうところまで行きません・・・。
みなさんはいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年4月14日 (月)

『ウィリーとともだち』

『ウィリーとともだち』 アンソニー・ブラウン 作 
 あきのしょういちろう 訳 童話館出版

Book ウィリーとともだち

著者:アンソニー ブラウン
販売元:童話館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 表紙画像は洋書で↓。


Willy and Hugh (Red Fox Picture Books) Book Willy and Hugh (Red Fox Picture Books)

著者:Anthony Browne
販売元:Red Fox
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これもぶっくくらぶで次男(7歳)へ届いた本です(2003年3月)。

ウィリーひとりだけがチンパンジーだから、仲間はずれにされたのかなあと次男。
ウィリーは友達に出会えたけれど、進級・進学の季節は「ともだち」に親子とも敏感になりがちですね・・・。

見返しにおいしそうなバナナがズラリ。こんな派手な見返しってめずらしいのでは。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年4月13日 (日)

『ハーキン 谷へおりたきつね』ほか

『ハーキン 谷へおりたきつね』
ジョン・バーニンガム 作 あきのしょういちろう 訳 童話館出版
 

ハーキン―谷へおりたきつね Book ハーキン―谷へおりたきつね

著者:ジョン バーニンガム
販売元:童話館出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

童話館ぶっくくらぶから4月の配本として次男(2年生)に届いた本。
2003年5月10日第1刷発行なので、書店ではまだ売ってないかな。
ぶっくくらぶ会員として一足お先に手にしました。

安全な山の暮らしにあきあきしていたきつねのハーキンは、親ぎつねの目を盗んで、谷へ遊びに行くのが夜中の日課。が、ついに見つかってきつね狩りが行なわれることに。ハーキンは知恵と勇気で狩人をやっつけてしまいます・・・。
 
次男曰く、こういうお話って普通にありそうで面白いと・・・。
まだ絵本の世界を現実の世界としても楽しんでいるようです。
絵本にしてはわりとおとなびた表現が度々出てきます。
「~しかねないからです」「よもやわすれたわけではあるまい」とか。
でも、声に出して読んでみると耳に心地よいんですよ。
こどもはいつのまにかこういう難しい言葉も使えるようになっていて、びっくりすることがありますね。

童話館ぶっくくらぶに関しても興味のある方は
童話館のHPでご覧くださいね。
こういう配本のシステムは、プロの目で選ばれた絵本という確かさと、家にある絵本が親の好みで偏らないところが最大の長所だと思います。

それから、ロジャンコフスキーの絵本復刊2冊目 4月20日発売です!
『りすのパナシ』
文/リダ・フォシェ
絵/フェドール・ロジャンコフスキー 
訳・編/いしい ももこ  童話館出版

りすのパナシ Book りすのパナシ

著者:リダ フォシェ
販売元:童話館出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1作目の『野うさぎのフルー』で、ロジャンコフスキーの絵にすっかり惚れてしまいました。来月の配本といっしょに『りすのパナシ』を送ってもらおうと思っています。

野うさぎのフルー Book 野うさぎのフルー

著者:リダ フォシェ
販売元:童話館出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介した本などに興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年4月10日 (木)

今週のおやすみ前の絵本

まだ週の途中なのですが、今週おやすみ前に次男(2年生)に読んだ本を載せておきます。

『やんばるのカメさん』儀間比呂志 作 
 こどものとも年中向き 1997年10月号

沖縄の動物のお祭りに招待された子どものお話。絵本で地方の伝統行事を知るというのもいいですよね。うたのところを琉球民謡っぽく読めるといいんだけれど・・・。

『よる わたしのおともだち』今江祥智 文 長新太 絵

よる わたしのおともだち Book よる わたしのおともだち

著者:ちょう しんた,いまえ よしとも
販売元:BL出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

25年ぶりの復刊。長さんの絵がとても新鮮。

『ずどんといっぱつ ―すていぬシンプ だいかつやく―』
 ジョン・バーニンガム 作 わたなべしげお 訳 童話館出版

 ずどんといっぱつ すていぬシンプだいかつやく ずどんといっぱつ すていぬシンプだいかつやく
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する
ジョン・バーニンガムの絵本もどれも楽しくて味わい深いものが多く好きです。
絵も大きいので、遠くから見ても見やすく、お話会などにも向いてますよね。

「世界でいちばんきれいな声」マージョリー・ラ・フルール 作
「三まいの鳥の羽」グリム昔 
 以上二つのお話は『愛蔵版 おはなしのろうそく6』東京子ども図書館
 から

ヴァイノと白鳥ひめ (愛蔵版おはなしのろうそく (6)) Book ヴァイノと白鳥ひめ (愛蔵版おはなしのろうそく (6))

著者:東京子ども図書館,大社 玲子
販売元:東京子ども図書館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昔話って面白いものが多いですよね。昔話はたくさん読んでいきたいです。

『ラチとらいおん』マレーク・ベロニカ 作 とくながやすもと 訳 福音館

ラチとらいおん (世界傑作絵本シリーズ―ハンガリーの絵本) Book ラチとらいおん (世界傑作絵本シリーズ―ハンガリーの絵本)

著者:マレーク・ベロニカ
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

次男がときどき図書館で借りてくるんです。
恐がりの次男には惹かれるものがあるのでしょうか・・・。
ラチのように恐がりを克服できるといいんだけれどね・・・。

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年4月 5日 (土)

4月第1週のおやすみ前の絵本

3月30日から4月5日までに次男(小2)に読んだおやすみ前の絵本は次の7冊でした。

ロバのシルベスターとまほうの小石 (児童図書館・絵本の部屋) Book ロバのシルベスターとまほうの小石 (児童図書館・絵本の部屋)

著者:ウィリアム スタイグ作 せたていじ訳
販売元:評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『たくあん』かがくのとも2001年11月号 またきけいこ 福音館


『おばさんヤギのだいかつやく』
 ジョン・ヨーマン 文 クェンティン・ブレイク 絵 山口文生 訳 評論社

 

コーネリアス―たってあるいた わにの はなし Book コーネリアス―たってあるいた わにの はなし

著者:レオ=レオニ,谷川 俊太郎
販売元:好学社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なんぎなたんけんたい (おひさまのほん) Book なんぎなたんけんたい (おひさまのほん)

著者:佐々木 マキ
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book かぼちゃひこうせんぷっくらこ (えほんライブラリー傑作選 9)

著者:レンナート・ヘルシング 文 スベン・オットー 絵 奥田継夫 木村由利子 訳
販売元:アリス館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

歯いしゃのチュー先生  /ウィリアム・スタイグ/ぶんとえ うつみまお/やく [本] 歯いしゃのチュー先生 /ウィリアム・スタイグ/ぶんとえ うつみまお/やく [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

★人気blogランキング(絵本部門)に参加しています。このブログの記事がお役に立ったら、紹介している本に興味を持たれたら、ぜひ応援クリックお願いします。→人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年11月 | トップページ | 2003年5月 »